ラジオNIKKEI2歳S回顧

例年なら、この一戦で翌年の牡馬クラシック戦線の輪郭がある程度見えて来たんだが・・・今年は人気所がサトノアラジン以外は総崩れ。そのサトノアラジンも道中で不利を受けたが、ちょっと底が見えた感じの内容。戦前から微妙な面子ではあったが、何とも微妙なレースだったというのが正直な感想。

勝ったワンアンドオンリーは道中は中団グループのインを追走し、3コーナー過ぎから外目へ持ち出して好位集団に接近。直線では馬場の真ん中から力強い末脚を使い、先に抜け出したアズマシャトルを坂上で差し切った。
前半は経済コースを通ってスタミナを温存し、終いの切れを引き出したルメールは流石。内回りがどうかと思っていたが、むしろ一瞬の切れは小回り向きだったと言える。ダービーは何とも言えないが、皐月賞では勝負になるかもしれない。

2着アズマシャトルは1コーナーで行きたがる仕草を見せたが、2コーナーまでになんとか落ち着かせて中団外目からの競馬。3コーナーでビップレボルシオンが被せに掛かったところで一緒に上がって行って張り返し、直線ではそのまま一気に先頭に立ったが、勝ち馬の勢いに抗し切れず。
新馬勝ちの馬に隠れてたが、千両賞では朝日杯3着馬ウインフルブルームの2着。人気の盲点になってた節はある。ただ、マイルからの距離延長で行きたがってた辺り、距離の融通性に関しては疑問が残る。

3着サトノアラジンは前半は中団後方のインを追走。ペース遅いのを嫌って向こう正面過ぎからスペースの空いてたインを突いて上がって行こうとしたが、3コーナーで岩田のシンガンに閉められて控える不利。
これで勝負所では動くに動けなくなり、直線で外へ出して追い上げて来たが、ペースが遅かった事もあってゴール寸前で3着に上がるのがやっと。力負けとは言えないが、もう少し切れる脚を使えると思っていたのでガッカリ感が強い。

サトノアラジンと人気を分けあったモンドシャルナは道中は後方に控え、勝負所から外を通って追撃態勢に入ったが、手応えの割に伸び切れず。ディープインパクトの兄弟は最初の1、2戦だけはそれなりに脚を使うが、それ以降は馬脚を現して終わるパターンが多い。この馬もそんなクチだろう。デビュー戦も本当に上がり2Fしか競馬をしてない凡戦で評価してなかったし。

ビップレボルシオンは勝負所から捲り気味に上がって行ったが、ここで張り返して来た2着馬に4コーナーで外に振られて勢いが殺されたのが運の尽き。小回り自体もこの馬にはあってなかった印象。

セセリは注文通りハナを切って、道中もスローペースに落としたところで自分の形に持ち込んだかに見えたが、直線半ばで捕まえられたところでパタッと止まってしまった。

シンガンは上がって行こうとした4コーナーでバテた馬の煽りを受けてブレーキを踏んだところで終了。尤も、3コーナーではサトノアラジンの進路を閉めていたので、因果応報とも言える。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR