金鯱賞回顧

目黒記念のレコード勝ち直後は「JCに勝っても良いのよ」とテンション最高潮に達したものだが・・・まさかJC出走はおろか、得意の左回りでも掲示板に載れないとは想像だにしてなかったこの秋のムスカテールの体たらく。
プラス16キロも誤算だったが、スタートダッシュが鈍くて後方2番手からの競馬になったのも誤算。3コーナー手前から外を通って進出しようとしたが、中途半端なところで動いて脚を使った事で最後はジリっぽくなった。
明らかな叩き台だったオールカマーの時は「これで変わってくれば」と気にしてなかったが、これだけ変わって来ない(むしろ悪い方に変わった?)とは想定外。終わったと見せかけてもうひと山あるのがトップガン産駒の真骨頂だけに、来年は何とか復活して欲しいとこだが・・・

勝ったのは、これが重賞初挑戦だったカレンミロティック。道中は逃げたメイショウナルトから3~4馬身離れた単独2番手を追走。4コーナーで先頭に並び掛けて一気に交わし去ると、ラブリーデイ以下の追撃を寄せ付けずの快勝。
見た目は隊列がバラけてかなりの縦長になったが、ペースは平均~やや速い程度で一定。離れた後方集団は前半は実質スローで楽出来たが、後半もペースが落ちなかった事で追い上げるのに脚を使わされた形。更に勝ち馬が9F目で11.5を刻んでスパートを掛けた事で止めを刺された。
切れ負けしてなかなか勝ち切れないレースを繰り返していたが、良い脚を長く使える利点を開幕週のトラックバイアスを味方にした池添の好騎乗と言える。今後は戸崎で有馬記念を目指すらしい。

2着ラブリーデイはスタートで外にヨレたが、そこから挽回して1コーナーでは単独3番手に付けて深追いせず。4コーナーから動き出して前を追い掛け、坂下では勝ち馬の後ろに迫ったが、ここで勝ち馬にスパートされると追い掛ける余力は残ってなかった。勝ち馬には振り切られたが、レコード決着となった小倉記念と同様に持続力と持久力が要求される展開で力は出し切れた。

3着ウインバリアシオンはスタートから少し出して行って中団のやや後ろからの競馬。向こう正面で外目に出し、3~4コーナーから徐々に前へ進出。流石に前2頭には追い付けなかったが、終いの脚色は最後までしっかりしていた。長期休養明けのプラス30キロでこれだけのパフォーマンスが出来る辺り、地力に衰えはない。今後も脚元が持つようなら。

トゥザグローリーは向こう正面でやや行きたがる場面はあったが、それを宥めての好位5、6番手を追走。4コーナーでは余力ある感じに見えたが、直線で追い出されると内にモタれてジリっぽくなった。やや物足りない印象だが、元々左回りは内にモタれやすい。有馬での激走フラグは立ったか?

フラガラッハは相変わらずスタートが悪く、後方グループで折り合いに専念。4コーナーから外を回って追い上げに入り、メンバー最速の上がりをマークして直線も良く追い上げたが、大勢は既に決した後。2000mをこなす目処は付いたので、あとは展開が向くかどうかだろう。

オーシャンブルーは後方5番手辺りを追走していたが、集中力が欠けていたのか、3コーナー手前か追っ付け気味となった追走に一杯一杯。直線では最内を突いたが、ここで内にササってラチに接触してそれっきり。調教は良く見えたが、まだ本調子に戻って来ない。

1番人気メイショウナルトは最内で好スタートを切ったのもあって抑える事なくハナへ行ったが、前半は力んだ走りで落ち着いたのは向こう正面。厳しいペースを作ったのもあるが、それにしても最後は止まり過ぎ。去勢前の状況に戻ってしまったか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR