FC2ブログ

京都記念・共同通信杯

京都記念
◎ステイフーリッシュ
○カレンブーケドール
▲ノーブルマーズ
△クロノジェネシス

ステイフーリッシュは雨で渋った馬場となったAJCCでは積極的な立ち回りも功を奏して2着。ステゴ産駒はイメージの割に道悪の巧拙はバラつきがあるが、この馬は道悪はこなせるタイプ。京都新聞杯を勝ち、昨年のこのレース2着とこの条件は得意。人気を分け合ってる4歳牝馬が休み明けなのに対して使われてる強みもあるし、追い切りの動きも良い。3すくみの中で軸として信頼するならこの馬か。

カレンブーケドールは重馬場のジャパンCでは最内枠を活かしたコースロスのない立ち回りで2着。本質的には良馬場の方が良いタイプではあるが、それでもタフな消耗戦で歴戦の古馬に先着した点は評価出来る。紫苑Sを取りこぼし、ドバイを見据えた仕上げと休み明けにやや不安はあるが、中間はWコースで負荷を掛けられており、これまでの休み明けよりも仕上がりは良い。

ノーブルマーズはレース全体の上がりが34秒台前半より速くなると切れ負けしてしまうが、逆に上がりが掛かる消耗戦になるとしぶとい。昨年の成績も折り合いを欠いた昨年のこのレース以外で崩れたのは上がりが速くなったAR共和国杯とチャレンジCだった。人気所よりも前目で運べそうだし、シュタルケは京都2200mの成績が案外良いので。

クロノジェネシスはオークス以来のぶっつけとなった秋華賞でカレンブーケドールを撃破。休み明けの実績に関してはカレンよりも信頼出来るし、渋った馬場もこなせる。ただ、エリザベス女王杯では坂の下りでスムーズに加速出来なかったのが引っ掛かるのと血統のイメージの割に距離適性は短い印象があるので4番手とした。

馬券はステイフーリッシュ軸の3連複で。


共同通信杯
◎マイラプソティ
○ダーリントンホール
▲ビターエンダー
△ココロノトウダイ

マイラプソティは勝負所で気を抜く弱点があり、京都2歳Sでは一瞬【あれっ?】と思わせる場面もあったが、それでも上がり最速の末脚で今日のクイーンCを勝ったミヤマザクラを一蹴。内回りからワンターンで直線が長い東京に替わるのは明らかに条件が好転すると言える。最終追い切りが予定より速くなってしまった点でテンションが上がりすぎないか不安だが、落ち着いていれば4連勝濃厚とみる。

ダーリントンホールは札幌2歳Sでは1コーナーでバランスを崩し、勝負所では内に包まれて動くに動けなかったのが堪えて3着。休み明けとなった暮れの葉牡丹賞は追って反応が今一つだったが、レコード決着の3着なら及第点か。今回は中間にプリモシーンと併せ馬を行う等、前走以上に熱心に乗り込まれて状態は明らかに上向き。マイラプソティを除けば力量上位。

ビターエンダーは未勝利上がりで挑んだ京成杯では1、2着馬に離されはしたが4着に健闘。今回は内回りの中山から未勝利戦を勝ち、末脚を活かしやすい東京に戻る。中間はエメラルファイト相手に併せ馬を行ってしっかり食い下がって上積みが見込める。

ココロノトウダイはデビュー3戦全てで上がり最速。特に新潟の未勝利戦では33.7の速い上がりをマーク。丸山は右回りの方が良いと感じているようだが、1戦毎にレース運びが上手くなっているので東京替わりも問題ないだろう。あとは3ヶ月半ぶりの休み明けがどうか。

馬券はマイラプソティ1着の馬単で。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬ランキング

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR