FC2ブログ

日本馬の韓国遠征、カップ・スプリント共に連覇達成!

カップは2年連続ワンツー、スプリントも一昨年は3、5着、昨年は1着と創設されて2年は日本馬の草刈り場となってた韓国の国際競走。今年もスプリントはモーニンが、カップは昨年に続いてロンドンタウンが勝利。
これで日本馬はスプリントは連覇、カップは3連覇。スプリントは兎も角、やはり中距離路線は日本馬と他の出走馬とでは能力に差がありすぎる事をまざまざと証明した。

まずはスプリントのモーニン。昨年暮れから芝を使ってみたが、結果が出ずにこのままフェードアウトかと思いきや、58.5のハンデ頭だったコーラルSで復活。カップとのダブル登録で何故かスプリントの方で選出。やや畑違いの距離でも能力の差で普通に勝つだろうと思っていたが・・・
スタート五分も、日本でも出走経験がなかった1200m戦のテンの流れについて行けずに後方から。更に外から香港の馬に被せられ、3コーナーで少しゴチャ付く苦しい競馬。直線入り口でもまだ中団だったが、香港馬と併せる形で末脚を伸ばし、僅か頭差で追い比べを制した。
勝つには勝ったが、テンの速さについて行けなかった序盤から追走に手一杯という感じで経験のなさを露呈。寧ろ、あの展開で良く勝てたと思う。2着のフライトヒーローは芝ではクラス2で頭打ちだったが、AWで5勝。1番人気で惨敗した昨年の選出馬より適性があったと言える。やはり、馬場適性さえあれば香港馬は日本馬にとって一番手強い相手になりそうだ。

そして、カップのロンドンタウン。昨年のこのレースを勝って以降は東京大賞典の5着以外振るわなかったが、前走のエルムSで復調気配を見せての4着。実績で断然の存在だったケイティブレイブを差し置いてカップに選出されたわけだが・・・
昨年に続いての公開処刑・・・もとい、公開調教と称して良いワンマンショー。昨年マークしたレコードを更に0.4秒更新するのだから恐れ入る。日本ではトップクラス相手では着が精一杯のレベルでも、ここなら普通に回って来れば楽に日本円で5000万ゲット出来る事を証明。
今年は対抗格っぽい韓国の馬(2番人気4着)にハナを切られたが、慌てる事無く番手の外目で大名マーク。向こう正面半ばで早々と先頭に立つと、別にノーステッキでも良かったんじゃね?という感じで後続に15馬身差を付ける大楽勝。賞金目的なら、こんなボーナスレースは他にないと言える。

昨年、この話題に触れた時は【当面は日本馬の独壇場だろう。韓国側から遠征禁止でも宣告しない限りw】と冗談半分で締めたが、今年はスプリント・カップ共に1頭ずつしか選出されず。
日本以外の他の国も1レースにつき1頭しか選出されてないが・・・勘ぐった見方をすれば、カップに出走すればワンツーを決めて賞金タダ貰い状態の日本馬への対抗措置に思えてしまう。まぁ、スプリントは兎も角、カップはどうやったら負けるんだ?というくらい力の差がありすぎる。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
59位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR