FC2ブログ

クイーンS回顧

ディアドラとソウルスターリング。微妙な成績が続いてたGⅠ馬2頭の対決となったが、復活を果たしたのはディアドラの方。ソウルスターリングは久々に馬券圏内に好走したが、内容としては復活とは言い難い。

ドバイ以来の休み明けだったディアドラ。最初から行く構えを見せずに後方2番手に控えて折り合いに専念。ペースが上がった3~4コーナーでジワッと動き、楽な手応えのまま好位の大外。残り1Fを切った辺りで先頭に立つと、2着争いを尻目に3馬身差の完勝。
昨年も札幌で躍進の切っ掛けを掴んだが、どうやら洋芝適性はかなり高いようだ(半兄オデュッセウスも北海道で2勝)。開幕週の馬場とはいえ、前半の入りが速くて差し追い込みが間に合う展開になったのもハマったが、それを差し引いても強い内容。札幌記念に向かったとしても、ペースが流れる組み合わせなら要注意。

2着フロンテアクイーンは二の脚が甘くて好位を取れず、道中は中団後方から。3コーナーから流れに乗じて動き、4コーナーで被せに掛かった勝ち馬を外へ張りに行ったが、加速力の差で一気に交わされた。それでも直線はしっかり脚を伸ばしてゴール前で2着に浮上。
これで5度目の重賞2着。どう乗っても詰めが甘いタイプだが、中距離のGⅢクラスでは実に安定している。休み明けで14キロ減だったが、元々はこれくらいの馬体重で走ってた馬。

3着ソウルスターリングは1コーナー手前で頭を上げかけたが、何とか逃げ馬を先に行かせて離れた3番手。4コーナーで早々と先頭に並び掛け、直線で早目先頭。しかし、勝ち馬に一気に交わされ、最後まで踏ん張り切れずの3着。
1、2着馬が中団後方からの差し追い込みと展開としてはキツかったのは確かだが、前半の入りが速くても行きたがる素振りを見せていたように、折り合い面の不安は変わらず。段々と右へモタれていたし、北村宏司に乗り替わっても乗り難しさは変わらず。今後も危険な人気馬と考えた方が良さそう。

トーセンビクトリーは好位からの競馬となり、4コーナーからジワッと動いて先団に接近。直線では若干のロスはあったが、3着馬の外へ出して2着はありそうな脚色だったが、そこから交わせそうで交わせず、2着馬にも交わされた。
逆手前のまま逃げて逆噴射したマーメイドSから巻き返したが、あの形で2着を取れないのが詰めの甘さが顕著になってる現状を如実に表してると言える。

アンドリエッテは二の脚が甘かったものの、内に入ってラチ沿いを通るのはマーメイドSと同じ。ただ、今回は勝負所で手応えが悪くなり、直線で間を割ろうとしたものの、1、2着馬に先に入られて外へ立て直すロス。やはり、別定戦では思うように動けなかった。

モレイラ騎乗で穴人気してたアグレアーブルは勝負所でバテた逃げ馬を上手くやり過ごせなかったし、いざ追い出されると頭を上げて伸びあぐねた。流石に1000万からの格上挑戦では無理があったようで。

51キロの斤量とクラシック戦線でそこそこの実績を残した事でGⅠ馬2頭に次ぐ人気を集めたリバティハイツとツヅミモンだが、2頭共揃って撃沈。ツヅミモンは逃げ馬を先に行かせて番手で折り合いを付けたとはいえ、ペースもキツかったし3着馬に早めに来られて息を入れられず。リバティハイツは好位追走も、4コーナーで既にアップアップの手応えで直線で逆噴射。桜花賞以来の休み明けで中身が出来てなかったか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
82位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR