2018リーディングサイアー~6月24日現在~Part2

21サウスヴィグラス
22ブラックタイド
23ヘニーヒューズ
24メイショウサムソン
25パイロ
26スクリーンヒーロー
27ヨハネスブルグ
28ディープブリランテ
29カネヒキリ
30ロージズインメイ
31ヴィクトワールピサ
32タートルボウル
33タイキシャトル
34アグネスデジタル
35アイルハヴアナザー
36ローエングリン
37メイショウボーラー
38カジノドライヴ
39ワークフォース
40ディープスカイ
41ヴァーミリアン
42スウェプトオーヴァーボード
43キングヘイロー
44フランケル
45ストリートセンス
46マツリダゴッホ
47トワイニング
48ノヴェリスト
49ダノンシャンティ
50ナカヤマフェスタ




ここ数年はトップ20の常連だったサウスヴィグラスだが、今年は勝利数の大半が平場(28勝中26勝)。勝利数では勝ってるが、インカンテーションを中心とした主戦力が機能してるシニスターミニスターに後れを取る要因となった。

土壇場でトップ20から陥落したブラックタイドだが、勝利数自体は昨年を上回っている。良く踏みとどまっていると言えるが、逆に言えばそれだけキタサンブラックの抜けた穴は大きいと言える。

ヘニーヒューズは初年度産駒の3歳勢がダートを勝ち星を量産し、既に昨年の勝利数(26勝)を上回った(27勝)。ロードカナロアとオルフェーヴルに存在感を喰われてるのは否めないが、ダート路線で順調なスタートは切れた感じ。

スクリーンヒーローは終わった感じのゴールドアクターの穴をジェネラーレウーノでカバー。勝利数も自己最多を更新しそうなペースを維持し、昨年よりもランクアップ。

ディープブリランテはセダブリランテスが中山金杯を勝って幸先良いスタートを切ったが、そのセダブリランテスは骨折し、期待されたリカビトスは低迷。2世代目は初年度に比べて目立った産駒がおらず、昨年よりランクアップはしたが伸び悩んでる印象。

昨年はトップ20にランクインしたピサだが、今年は重賞勝ちもなく特別戦も未勝利。昨年で社台から放出されたし、この失速具合は洒落になってない気がする。

タートルボウルは重賞を勝ったトリオンフを中心とした初年度産駒の4歳勢が成長してランクイン。晩成傾向の掴み所がない種牡馬だったが、同じ異系血統だったチチカステナンゴより可能性があったように思う。それ故に早世は勿体なかった。

カジノドライヴは2頭のOP特別勝ち馬を出して徐々にランキングを上げて来たが、体調不良の為に昨年でシンジケートが解散。腰を痛めたらしいので事実上の種牡馬引退っぽい。

昨年はトップ20を狙える位置にいたマツリダゴッホだが、今年は3歳勢が大ブレーキ。トップ50入りするのがやっとという状況になるとは。

ピサと同様に3世代目が不振に陥ってるのがダノンシャンティ。昨年に比べて勝利数は半減。スマートオーディンが復帰したとはいえ、この低迷はかなり深刻。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
100位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR