プロキオンS回顧

ここ数年で【西の穴男】として認知されるようになった酒井学。最近もマーメイドSで10番人気メルヴェイユドールを3着、関ヶ原Sで殿人気サワノパンサーを2着に持ってくる等、オーソドックスに予想する側からすれば予測不能な波乱を演出してくれる。このレースでも12番人気トシキャンディでアッと驚くレコードタイムの逃走劇を演出した。

同型馬が揃っていたが、ロケットスタートからスンナリとハナを切り、淀みのないラップを刻みながらの逃げ。最後の1Fで13.6秒掛かってるように楽なペースではなかったが、結果的には後続の脚もなし崩し気味に使わせる展開になった。こうした馬を持たせてしまうのは酒井学ならではだろう。何かやらかしそうな怖さを持ってる数少ない騎手として今後も注目。

2着アドマイヤロイヤルは中団の後ろで折り合ういつもの競馬。ペースの速さに戸惑ったか、勝負所から追い通しになったものの、いつも通りの堅実な差し脚を繰り出した。左回りの1400~1600mでは抜群の安定感だが、いつも何かを捕らえ切れない。元PO馬なんで何処かで重賞勝ってほしいと思うんだが・・・

3着ファリダットは元々芝馬だったにもかかわらず、スタートの芝の部分で行き脚が付かず後方から。コーナー毎に外に振られて直線も大外に回さざるを得ない苦しい競馬だったが、シルクフォーチュンと併せる形で猛追。位置取りの差で明暗を分けたが、手前を替えられなかった事を鑑みればよく走ってる。

ワールドワイドは残り1Fで脚が上がったが、休み明けでもキッチリ絞れて見せ場たっぷりの競馬。今回は人気薄だったが、休養前はOPクラスで普通に好走してた馬。これくらいは走れる下地はあった。

シルクフォーチュンはじっくり構えて末脚勝負に徹したが、レコード決着で逃げ馬が残ってしまう展開では厳しかったか。減った体を戻して好気配に見えただけに、残念な結果だっだ。

テイクアベットは勝ち馬にハナを叩かれて本来の競馬を出来なかった割にはしぶとく粘った。やや人気先行だったが、重賞初挑戦でこれだけ走れば上々だろう。

インオラリオは外枠で壁を作れなかったし、道中で落鉄したのもあって早々とギブアップ。脚抜きの良い馬場の方が良いタイプでもあるし、今回は参考外。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【プロキオンS回顧】

ここ数年で【西の穴男】として認知されるようになった酒井学。最近もマーメイドSで10番人気メルヴェイユドールを3着、関ヶ原Sで殿人気サワノパンサーを2着に持ってくる等、オー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
83位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR