FC2ブログ

マーメイドS回顧

チューリップ賞2着から牝馬3冠で6、5、4着と健闘。古馬になっての飛躍が期待されながら、その後の大半を1000万~準OPで過ごす事になったアンドリエッテが6歳にして重賞初勝利。過去に波乱を呼んでるパールS組、51キロの軽ハンデとはといえ、とうに終わったと思ってたこの馬は拾えん。

二の脚は一息だったが、スタンド前でラチ沿いに入って道中は中団。3コーナー過ぎで他馬が外から動いた分、位置取りを下げる形になったが、必要最小限のコーナリングで差を詰め、直線はやや強引な形で馬群を割って抜け出しを図り、2着馬との叩き合いを制した。
2000mは微妙に長くなってたが、それをカバーする為に一貫して内に拘った立ち回りと51キロの軽ハンデを味方に付けたコブスケのファインプレー。但し、今回は全てが噛み合っての勝利であって別定戦でこれだけ動けるかは微妙。

2着ワンブレスアウェイはこの馬としては珍しくマトモにゲートを出て好位の後ろのインに付けて道中は折り合い重視。この馬も3コーナーで動くに動けず位置取りを下げたが、直線でやや外目に出して馬群を割って内から抜け出した勝ち馬に迫った。
最後は2キロの斤量差もあってクビ差届かなかったが、毎回出遅れてた馬がマトモにゲートを出たのが一番驚いた。昨年秋は重賞でも人気になってた馬。出遅れなければこれくらいは立ち回れる。

3着ミエノサクシードは外枠からジワッと出て好位に付け、やや行きたがるのを宥めて折り合いに専念。3コーナーで被されそうになったのを引かずに位置を主張し、直線もジワジワ伸びたが、内を掬った1、2着馬には伸び負け。
マイル~1800mが主戦で2000mは秋華賞(8着)以来だったが、他の上位人気馬がだらしなかったのもあって浮上して来た。本質的には1800mまでの馬だろう。

ミリッサは好スタートから楽な形で好位をキープ。道中は内々で折り合いを付けて脚を溜め、勝負所でも馬群の中でジッとしてたが、直線は勝ち馬とのポジション争いに負けたのもあったが、ジリッぽくなった。
シンハライト、リラヴァティの妹で2番人気に支持されていたが、まだ重賞で勝ち負けになる力は足りてなかったか。距離も微妙に長い印象。

本命レイホーロマンスはスタートから後方に控えて脚を溜めるいつも通りの競馬。向こう正面までは良い形だったが、馬群が固まった3~4コーナーで包まれてしまい、直線で大外へ出して追い上げを図ったが、掲示板争いに加わるのがやっと。勝負所で踏み遅れて勢いを付けられなかったのが敗因。

キンショーユキヒメは出たなりの競馬で中団馬群の中。やや行きたがるのを馬群の中で宥めながらの追走となったが、これも3~4コーナーで包まれて動けず。道中行きたがってたのもあってか、直線の伸びも今一つ。この馬も展開に泣かされたクチ。

トーセンビクトリーはスタートで躓いたが、ジワッと前へ。内の馬が積極的に行かなかったのもあってハナを切る形となり、中盤までスローに落としてのマイペースだったが、直線半ばで交わされるとパタッと止まって殿負け。ずっと逆手前で走ってた事でスタミナを消耗したか。

安田記念の週はプラス収支だったが、調子に乗って色々手を出したら逆パー。人間、調子に乗ってそれまでの事を忘れてしまうとダメだね。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
75位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR