エプソムC・マーメイドS

モレイラはJRAの騎手免許試験に落ちたら母国ブラジルに帰って再受験に備えるとか。つーか、香港競馬の騎手の顔触れは数年後にはパートン以外は総入れ替えに近い状態になってそう。中野省吾も交じってたりして(南関へ戻るつもりはないみたいだし)

エプソムC
◎サーブルオール
○ダイワキャグニー
▲ハクサンルドルフ
△ベルキャニオン
△トーセンマタコイヤ

雨がどれだけ降るか、いつから降るか読めないので自信はない。取りあえず、道悪空っ下手のサトノアーサーは追い込んで届かずだろう。1800mですら微妙に長くなってる。長期休養明けで勝ったとはいえ、グリュイエールが何故人気してるのかも理解出来ない。確かに休養前の準OPでは物凄いレコード勝ちだったが、重賞では目立った成績を残してない。

サーブルオールは3~4歳時に長期休養を強いられる等、体質面に弱さがあったが、それがしっかりして来たのもあってか条件戦を連勝。特に前走はレッドローゼスに一旦は交わされながら差し返す強い競馬。離した3着以下も決して弱い相手ではなかった。東京コースは長期休養明け以外は2勝3着1回と安定。

ダイワキャグニーは現役屈指の東京巧者。特に1800mは5戦4勝。残りの1戦も休み明けだった毎日王冠の4着。前走のメイSは中団からの競馬となったが、直線では馬群を割って抜け出し、精神面の成長を感じさせる勝ち方。斤量が1キロ減るのも好都合。あとは極端に馬場が悪化した時がどうか(稍重までならこなせそうだが)

ハクサンルドルフは菊花賞当日のこちらもドロドロの不良馬場だった甲斐路Sでは残り1Fからエンジンが掛かって絶望的な位置から差し切り勝ち。脚質的にどうしても展開に左右されるが、他の馬が道悪に苦労するようであれば浮上しても。シンプルな直線一気なら川田は合うだろう。

この3頭中心に買いたいが、3連系で押さえたいのがベルキャニオンとトーセンマタコイヤ。ベルキャニオンはOP入りしてからは人気程着順は悪くないし、東京コースとの相性も良い。ラベンダーヴァレイは道悪下手だが、どちらかと言えばマウントシャスタに近い気がする。トーセンマタコイヤは新潟大賞典ではスムーズさを欠きながら5着。あまり馬場が悪化するとどうかだが、相性の良い東京で一発があっても。


マーメイドSはレイホーロマンスの単複。福島牝馬Sは4コーナーでバテた馬に挟まれる致命的な不利を受けて勝負に絡めない5着。そこから一息入れてハンデ戦のここに照準を合わせて来た。ハンデも中山牝馬Sから据え置きの52キロ。坂がある内回りの中距離戦はこの馬に最も合う条件。明日になれば5倍くらいに下がって妙味はなくなりそうだが、ここはシンプルに。岩崎は先週万馬券取らせてもらったし。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
100位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR