FC2ブログ

安田記念

◎サトノアレス
○スワーヴリチャード
▲リアルスティール
△アエロリット
△ペルシアンナイト
△リスグラシュー
△モズアスコット
△ウエスタンエクスプレス

サトノアレスは何度か触れているが、良馬場の東京では崩れない。スタートが速いタイプではなく、いつも後方からの競馬を余儀なくされるが、それでも終いの脚は堅実。前走の京王杯SCでは未経験の1400mだったが、終い勝負に徹してレコードからタイム差なしの3着。ベストのマイル戦なら追走ももう少し楽になる。追い切りは中2週もあって軽めだったが、出来は維持されている。

スワーヴリチャードは現役屈指の左回り巧者。ハーツクライ産駒故にデビューから一貫して王道路線を走って来たが、ここ最近は道中で行きたがる素振りを見せている。未経験のマイルは逆に追走が楽になってリスグラシューみたくハマる可能性がある。追い切りの動きも絶好調と言える内容。ただ、最内枠を引いた事で大阪杯のような戦法は使いづらい。流れに乗り損ねると崩れる可能性も否定出来ない。

リアルスティールはドバイ遠征からの安田記念というローテは惨敗した一昨年と同じだが、この時はテンションが上がりすぎてしまい、前に壁を作れなかった事で折り合いを欠いたのが敗因。今回はその失敗を踏まえた上での調整で最終追い切りもしっかり折り合ってた。鉄砲実績もあってコース適性もある。やや人気を落としてるここが狙い目か。

アエロリットはヴィクトリアマイルでは位置を取りに行くのに脚を使ったし、レース直前の雨で上滑りする馬場となった事で最後のひと踏ん張りが利かなかった。良馬場の今回はウインガニオンを先に行かせての番手が予想されるが、同型馬に強力なライバルは不在。展開面の有利を活かせば牡馬相手でも通用しても。

ペルシアンナイトは大阪杯では距離不安から人気を落としてたが、得意の高速決着もあって叩き一変。東京コースに実績はないが、距離が長かったダービーに休み明けの富士Sでは仕方ない。2歳時はアイビーSでソウルスターリングの2着があるので問題はないだろう。脚質を考えれば川田は良いと言えないが、内枠からロスなく立ち回れば。

リスグラシューはヴィクトリアマイルに続いて外枠を引いたのは良い材料ではないが、枠なりに立ち回れる器用さを身に付けているのでここも確実に自分の脚を使えるだろう。前走で持ち時計を大幅に詰めた事で高速決着にも対応出来る。追い切りは坂路で上がり重点だったが、それでもラスト1Fで12秒を切って来た。前走の出来は維持されている印象。

モズアスコットは確勝を期した前走でまさかの2着だったが、藤沢勢の回避に伴って出走可能となり、ルメールを確保出来たという意味でツキが残されてたと言える。有力馬に差し脚質が多いここではマイラーズCで位置を取りに行った競馬が布石として活きて来そう。連闘でこのレースを勝ったのはバンブーメモリー以来だが、平成最後の安田記念も連闘馬が絡んできたりして。

ウエスタンエクスプレスは昨年の香港マイルでは人気薄の立場で2着を波乱を呼んだが、その後もチェアマンズT、チャンピオンズMと連続2着。昨年10月から10戦を消化してるが、一昨年秋~昨年春も休みなく使われて力を付けて来た。チェアマンズTでは1分32秒台の走破時計があり、日本の時計勝負にも対応出来そう。

馬券はサトノアレスとスワーヴリチャードが同枠にいるので枠連を買ってみたい。3連複はサトノアレス1頭軸で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
71位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR