新潟大賞典回顧

スズカデヴィアスが4年前の皐月賞から数えて21度目の挑戦で待望の重賞初勝利。差し追い込みに脚質転換してからローカル重賞でそれなりに注目していたが、こうした節目で馬券を取れないのが如何にも博才のない俺らしい(´・ω・`)

スタートから軽く促して道中は中団のイン。リズム重視で脚を溜め、直線では有力馬の多くが外へ回す中、馬場の3分どころを突いて叩き合ってた2、3着馬を交わして先頭。2着に再度詰められたが、凌ぎ切った。
最内というのもあったが、敢えて内に拘った三浦の作戦勝ちといったとこか。7歳だが、夏場を休養に充てて来たから年齢の割に使い込まれてない。ハンデは重くなるだろうが、今後もローカル開催では注意。

2着ステイインシアトルは好スタートから外目の2番手。道中は馬場の良い外目を選んで走らせ、直線も馬場の5分どころへ。勝ち馬に内を掬われたが、更に外へ出して差し返しに掛かった。
10ヶ月ぶりの休み明けでまだ完調手前の印象だったが、それを鑑みれば良く走ったと言える。こちらも7歳だが、度重なる長期休養で11戦しかしておらず1戦1戦が勝負。自分のペースで運べるようなら。

3着ナスノセイカンはスローペースもあって楽に好位のイン。折り合いを付けて脚を溜め、直線は早め先頭の2着馬に併せに行った。しかし、勝ち馬が内から掬うとこれに併せに行って追い付けず。どっちつかずとなったのが惜しまれるが、得意の左回りで一変。

1番人気トリオンフはジワッと出して好位の外目。前に壁を作れなかったが、この馬なりに折り合っての追走。直線は外からジワジワ伸びて来たが、速い上がりを使えないタイプで4着まで。ペースも向かなかったし、少々気難しい面が表に出つつある。

マイスタイルはハナを切ろうと思えば切れた出脚だったが、敢えて控えての好位から。道中は一つ前にいたトリオンフを見ながらレースを進めたが、直線はトリオンフと似たり寄ったりの脚しか使えず。前走の二の舞を避けたようだが、結果として裏目に。

ハクサンルドルフはスタートで出遅れて後方になった時点で勝負あった。道中は最後方集団から折り合いを付けて脚を溜めたが、直線は馬群を捌くのにやや手間取り、最後はジリジリ追い上げたが、掲示板争いに加わるのがやっと。ペースも展開も向かなかった。

ステファノスは道中は後方で宥めつつの追走。直線は伸びあぐねてる内にハクサンルドルフに内から強引に寄られて終了。58キロも堪えたし、やはりこの馬は基本的に休み明けは走らない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
100位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR