FC2ブログ

NHKマイルC・新潟大賞典

NHKマイルC
◎パクスアメリカーナ
○ミスターメロディ
▲カツジ
△タワーオブロンドン
△プリモシーン
△テトラドラクマ
△レッドヴェイロン
△フロンティア

パクスアメリカーナはアーリントンCでは最内が仇となって内で包まれる窮屈な競馬を強いられたが、直線で進路が開くとしっかり脚を伸ばして2着。それでスムーズに立ち回った勝ち馬とは半馬身差。フットワークの大きさから、経験がないとはいえ東京へのコース替わりでパフォーマンスを上げて来そう。ホエールキャプチャの全妹で父も含めてこの条件に強いバックボーンがあるのも魅力。

ミスターメロディは初の芝レースだったファルコンSでは4番手追走から直線で危なげなく抜け出しての完勝と底を見せていない。外国産馬らしい筋骨隆々の体型から未経験のマイルにやや不安はあるが、今の東京は時計が出やすく、スピードの持続力が要求される(今日のプリンシパルSもマイル~中距離型が上位を占め、ダービーの方向性から外れてる)。脚質的にも前で運べるこの馬が残る下地はあると言える。

カツジはNZTではスタートで不利を受けて後方からの競馬になったものの、溜めに徹して決め手を活かすスタイルがハマっての直線一気。ディープ産駒らしく、マイルで溜めに徹した事で新味が出たと言える。どの位置からでも競馬出来る器用さを備えてるだけに、ロスなく立ち回れる最内枠はプラス。

タワーオブロンドンはアーリントンCでは折り合いもスムーズで直線もギリギリまで追い出しを待てた事で不安視されたマイルを克服。東京も京王杯2歳Sで勝っているし、2~3歳時の成績が突出してる藤沢・ルメールラインで人気になるのもやむなしだが、朝日杯FSでの敗戦からこの馬の末脚の持続性には一抹の不安がある。坂下から仕掛けて坂上で脚が止まる可能性も考慮して4番手まで。

プリモシーンは桜花賞では外枠からスタートで後手を踏み、直線も前が壁となってマトモに追えずとレースをしていない。この条件で行われた未勝利戦ではテトラドラクマを下して3着以下に5馬身差と決定的着差。左回りへの適性の高さは明らかで追い切りでも抑え切れない行きっぷりで出来の良さが窺える。テンションが上がりやすいタイプなので極端にイレ込まなければ。

テトラドラクマはクイーンCでは2頭併走の形で淀みないペースの逃げから押し切り、前の週の東京新聞杯よりも速い走破時計。スピードの持続力と持久力に優れたタイプで脚質的にも今の東京は合っていそうだが、クイーンCの疲れが抜けずに桜花賞を回避したのが引っ掛かる。追い切りは休ませた効果があった良い動きだったが、前例のないローテだけに押さえまで。

レッドヴェイロンは兄にこのレース3着のクラレント、4着のレッドアリオンがいるエリモピクシー一族。スタートに難があるのはレッドアリオンと似てるが、どこからでも立ち回れる自在性ではこちらが上。右回りでは直線で逆手前になったように、左回りの方がレースがしやすいと思う。追い切りでは未勝利馬(今日勝ったイシュトヴァーン)に煽られたが、この馬なりには動けてた。

フロンティアは新潟2歳S以降は不本意な競馬が続いているが、先行スタイルから差す競馬に脚質転換を図り、前走のファルコンSでは中団から差して来て3着と一定の結果を残した。東京は未経験ながら左回りは3戦2勝3着1回。脚質転換が板に付いた今なら大穴候補として押さえておきたい。

馬券はパクスアメリカーナ軸の馬連と3連複。


新潟大賞典
◎ハクサンルドルフ
○スズカデヴィアス
▲ナスノセイカン
△ナイトオブナイツ
△ステファノス
△マイスタイル
△カレンラストショー

ハクサンルドルフは追い込み一手で展開に左右されるが、今回はマイスタイルにカレンラストショーと逃げ馬がいるし、トリオンフもいる事で前掛かりの流れになりそう。今の差しが決まる新潟の馬場であれば十分間に合う。2000mもワンターンのコース形態であれば克服可能。

スズカデヴィアスはスムーズさを欠いた中日新聞杯と距離不足だった京都金杯以外は大崩れがない。小倉大賞典で故障馬のあおりを受けたダメージから立て直した効果もあって仕上がりも良い。新潟は初めてだが、東京のレースぶりからこなせそう。まだ暑くないこの時期であれば。

大穴として面白そうなのがナスノセイカン。全5勝中4勝は左回りで新潟でも勝ち鞍があるし、丸山との相性も良い。前走は休み明けで距離も長かった。そこを叩いた効果もあってか、追い切りでは多少なりとも良くなって来た。中央開催なら兎も角、ハンデ戦の左回りで激走の可能性も。

ナイトオブナイツは平坦に実績があった中、阪神で行われた前走は大外か差し切るなかなか強い内容。一息入れてのリフレッシュ効果があったと言えるし、ハンデも手頃でペースも向きそう。2000mは経験に乏しいが、こなせない距離ではない。

ステファノスは実績からすればこのメンバーで頭一つ抜けているが、58キロのハンデと叩き良化タイプの休み明けと条件は楽でない。追い切りは長めからしっかり追って体勢は一応整ってるが、少々割り引いて考えたい。

同型馬で兼ね合いが鍵となりそうなカレンラストショーとマイスタイルだが、カレンラストショーは左回りの2000mに特化して実績を残してるし、マイスタイルは厳しい流れだった前走も2着に残してる。どちらかは残っても良さそう。

馬券はハクサンルドルフ軸の馬連で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
71位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR