京都新聞杯

現時点で人気を被ってるフランツは放牧先で体調を崩したらしく、早めに帰厩させたらしいが、追い切りの動きを見た感じ、あまり調教で良く見せるタイプではないとはいえ(前走も追い切りはそこまで動いてない)、まだ本調子とは思えない。前走も内を掬って抜け出したとはいえ、2着馬はマトモに追えてない状況。ここは様子見。

タニノフランケルは勝った2戦は重馬場での逃げ切り勝ち。逃げるスタイルが一番合ってるようだが、母と違って速い上がりを使えず、良馬場の決め手比べで切れ負けする可能性が高い。とはいえ、この馬なりに出来は良さそうだし、ハナさえ切れれば粘り込めても良さそう。

グローリーヴェイズはきさらぎ賞では3着以下を離しての2着。ペースが緩んだのもあるが、途中から動いて地力勝負に持ち込んでの2着と内容は評価出来るが、皐月賞を使えずの休み明けというローテはマイナス材料。コーナー4つの距離延長もプラスと働くか微妙。

てな感じで現時点で単勝10倍以下の馬はタニノフランケル以外はかなり怪しく思える。タニノフランケルにしても軸として信頼出来ない。ここは中位人気を中心としたボックス馬券で。

レノヴァール
レイエスプランドル
シャルドネゴールド
タニノフランケル
アルムフォルツァ

レノヴァールはスプリングSでは特に注目してなかったが、最後は3着争いに加わって5着と見せ場を作った。勝負所でスッと動けない弱点はあるが、京都の外回りならある程度カバー出来ても。それにスプリングSは馬場にノメる様子も見られた。パンパンの良馬場ならもう少し動けても。

レイエスプランドルはスタートが出られるようになってレースぶりが良化。前走は逃げた2着馬をガッチリマークしての番手から直線の叩き合いで競り落とした。勝負所からのペースアップにも対応出来たし、ハナ差とはいえまだ余裕がを残してる勝ち方。

シャルドネゴールドは毎日杯でも期待したが、休み明けで中身が伴ってなかった感じで直線は伸びあぐねた。今回は前走よりも坂路で乗り込めている。ステゴ産駒なら1800mよりも2200mの方がレースもしやすいだろう。良くなるのは秋以降かもだが、もう一回狙ってみても。

アルムフォルツァは毎日杯ではそれなりに来てるとはいえ、1800mの決め脚勝負では分が悪かった感じ。少頭数だったとはいえ、一気の距離延長だった前走で一変。このレースは2400mからの距離短縮馬がしばしば好走している点も考慮して。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
100位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR