天皇賞・春回顧

岩田らしいイン突きでレインボーラインがゴール前でシュヴァルグランを強襲して悲願のGⅠ初勝利も、ゴール入線直後に下馬。優勝インタビューでの岩田の表情も冴えず、暫くはモヤモヤした状況だったが、右前足跛行との事。
自力で馬運車に乗れていたから最悪の事態にはならないだろうと思ってたけど、深刻な怪我でなかったのは不幸中の幸い。馬券は外したが、何かと気に掛けてた馬がGⅠを勝てたのに関しては良かったと思う。

スタートから後方に控えて内に入るのは定石通りだったが、1周目の4コーナーで一旦外へ出して何頭か交わして再度内に入って中団と、いつもより前目の位置取り。ペースが緩んだ向こう正面半ばで有力馬に動きがある中、我慢して坂の下りからスパート。
直線で一旦外へ出そうとしたが出せないと見るや、瞬時に内へ切れ込んで馬群を捌きつつ、押し切りを図った2着馬の内へ。グイグイ伸びてゴール前で頭一つ抜け出した。思ったより時計が掛かったのも向いたと言える。
前半の位置取りに一工夫を凝らし、使える脚を見極めて一拍仕掛けを遅らせ、直線での果断な判断力。3年ぶりのGⅠ制覇だったが、岩田康誠らしい勝負強さだった。秋にはまたこのコンビが見られる事を願う。

2着シュヴァルグランはスタートが決まってからある程度出して行って先行したガンコにプレッシャーを掛ける積極策。向こう正面半ばの後続の動きに乗る形で位置取りを上げ、4コーナーでガンコと並んで先頭。直線半ばで先頭に立って押し切ろうとしたが、最後の最後で勝ち馬に捕らえられた。
長丁場もあってじっくり中団で構えるかと思ったが、キタサンブラックをマークしたジャパンCと同様の積極策で勝ちに行く競馬に徹したが、プレッシャーを掛け続けたガンコが早く潰れた事で単騎先頭になるのが早かったのが誤算。結果論になるが、勝ちに行ったのが裏目に。

3着クリンチャーはスタートから出して位置を取りに行ったが、好位までは取れずに中団7、8番手。前走で行きたがったのもあって折り合い重視で進め、3コーナー手前で馬群の中へ。4コーナーから前の2着馬を目標に仕掛け、直線でジリジリ迫ったが交わし切れず。
経験の浅い京都外回り、テン乗りでは上手く乗りこなせないと思ってたが、三浦は予想よりも上手く乗ったと思う。勝ち馬にも言えるが、予想より時計が掛かったのも味方した。しかし、2着馬が早い段階から勝ちに行く競馬をした事で追い掛ける形になったのが、決め手に欠けるこの馬にとって誤算だった。
今後は放牧に出して武豊でフォワ賞から凱旋門賞に向かうらしい。豊富なスタミナと道悪適性の高さから向こうの馬場はこなせそうな雰囲気はあるが、切れがなさすぎるのは致命的だと思う。

ミッキーロケットは中団のラチ沿いに付けて中盤まで動かずにスタミナを温存。3コーナー手前で馬群の中に入って有力馬の仕掛けに付いて行き、直線では内へモタれながらも脚を伸ばしてしぶとく脚を伸ばした。
最内枠を引いた事で余計な脚を使う事なく脚を溜められたが、長距離適性で上位馬に劣る分、最後の一伸びが利かなかった。とはいえ、こうしたちょっと足りない馬を持たせるのは如何にも和田らしい。

チェスナットコートは出脚が鈍く、促して中団の一角。道中は前にいたクリンチャーをマークしていたが、出入りの激しくなった辺りから追っ付け気味の追走。3~4コーナーで外へ出して好位に押し上げ、直線でもあわやの場面を作ったが、最後は脚色が同じに。
58キロを背負い慣れてない分、追走に苦労した節はあるが、それでも掲示板を確保して今の充実振りを示した。上位馬とは4コーナーでのコース取りの差。いずれは重賞に手が届くだろう。

トーセンバジルは外枠から一旦は内に潜り込んだが、前に置いたチェスナットコートの動きに合わせてスタンド前で外へ。向こう正面半ばで動いたサトノクロニクルの動きを追う形で一旦は4番手に上がったが、直線半ばで脱落。内枠であればもう少し違う形の競馬が出来たと思うが、中途半端にしか脚を溜められなかった。

アルバートは序盤は中団のやや後ろから。向こう正面から位置取りを上げようとしたが、内のトーセンバジルにプレッシャーを掛けられ、3~4コーナーではチェスナットコートに張られて馬群のかなり外目を回らされる形。これだけ外を回っては流石に途中で止まってしまう。

サトノクロニクルはスタートの出が甘く、序盤は中団後方。このまま脚を溜めて3~4コーナーから動くのかと思ったら、向こう正面半ばで意識的に動くロングスパート。一旦は3、4番手に上がったが、4コーナーでは既に手応え劣勢で直線に向いた時点で脱落。
良く言えばレースを面白くし、悪く言えばレースを引っ掻き回した向こう正面での捲りだが、あの位置から動いて勝てるのってミラコーさんくらいしかおらん。前半の位置取りが悪かった故の捲りだったと思うが、完全なる早仕掛け。

ガンコは最初の坂の上りでやや掛かりかけたところで外からシュヴァルグランに被せに掛かってマークを受ける形に。その後も一貫してプレッシャーを掛けられ続け、4コーナーで先頭に立ったものの、直線で余力は残ってなかった。
有力馬の脚質的にもっと楽に運べると思ってたが、序盤からあれだけシュヴァルグランが潰しに掛かる競馬をしてきては持ち堪えるのは無理ゲー。

出入りの激しい展開となって一波乱あるかと思ってたら、上位3着までほぼ順当。戦前から混戦ムードだったが、そういう時に限って平穏に決まるのは良くある話。素直にシュヴァルグランの地力を信頼していれば・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
100位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR