FC2ブログ

フラワーC・ファルコンS回顧

毎年の事だが、桜花賞に向けてフィリーズレビューをあまり重要視していないので自然とフラワーCに注目する事になるが、勝ち馬カンタービレは馬体細化でオークス一本に絞り、2着馬トーセンブレスはNHKマイルCを予定。やはり、今年もチューリップ賞組で予想を固める事になりそうだ。

楽勝の未勝利戦からここもぶっこ抜いたカンタービレ。外枠から行き脚を付けて位置を取りに行き、道中は好位馬群の中。折り合いを付けて流れに乗り、4コーナーでも楽な手応えで先団に接近。直線もスムーズに外へ持ち出し、坂で先頭。最後は2着馬の急追を受けたが、クビ差で凌ぎ切った。
小回りがどうかと思ってたが、正攻法で抜け出す見本みたいな競馬で難なく対応。センスの良さが窺え、マイルの流れにも対応出来そうだったが、マイナス6キロの428キロと細身の馬体が更に細化して桜花賞はパス。このレース運びならオークスも十分に対応出来そうだが果たして?

2着トーセンブレスはスタートで出負けして後方からの競馬。折り合いに専念して脚を溜め、3~4コーナーで中団に進出。直線入り口でファストライフと何度か接触したが、怯む事無く一気の伸び脚で勝ち馬に急追。
一頓挫あって予定が延びた影響もあってコーナーでスッと動けなかったが、脚を溜めるスタイルで距離延長に対応。阪神JFの内容から桜花賞でも勝負になると思うのだが、NHKマイルCに目標を絞るらしい。

3着ノームコアはスタートで挟まれたが、怯む事無く出して行って番手から。3~4コーナーのコーナリングでモタつき、外からメサルティムに被せれたが、直線ではしぶとく盛り返して一旦は先頭に。
最後は決め手の差で1、2着馬に交わされはしたが、半年ぶりの休み明けとしては中身の濃い競馬。瞬発力勝負では分が悪そうだが、小回りの中距離戦向きで秋華賞ではちょっと面白いかも。

ウスベニノキミはスタートからジワッと後ろに下げてラチ沿いへ。前に馬を置いて折り合いを付けて経済コースを立ち回り、直線も内から馬群を割って良い伸び脚。10キロ減でテンションは高めだったが、ラチ沿いで上手く我慢させたのが好走に繋がった。

メサルティムはポンと好スタートを切り、行きたい馬を先に行かせてから楽な形で3番手の外目。スローペースでもスムーズに折り合い、勝負所の手応えも余力十分。しかし、いざ追い出されると今一つ伸びずにジリジリと脱落。中1週の6キロ減で踏ん張りが利かなかったか。

1番人気ロックディスタウンはスタートでノームコアと接触。これでエキサイトしてしまい、一旦は落ち着きかけたものの、向こう正面で頭を上げて折り合いを欠くと4コーナーで早々と鞭が入って直線も成す術なく失速しての殿負け。追い切りの段階からヤバそうな予感はしてたが、この気性面の難しさはどうしようもない感じ。


ファルコンSはOPクラスの実績馬と未勝利・500万上がりの馬の力関係が今一つ掴み切れず、予想に悩んでボックス馬券に逃げてしまいがち。1番人気の戸崎なんぞ買えるかとダノンスマッシュを消したまでは良かったが、ダート上がりのミスターメロディとスプリンターのアサクサゲンキには手が回らず。

ダート上がりで3番人気は養分だろうと思ってたミスターメロディ。スタート直後は力んでいたが、前に馬を置いて宥めると折り合っての4、5番手から。4コーナーで2番手に接近し、直線残り100mで先頭に立って押し切った。
ダート戦とはいえ左回りの相性も良く、時計の掛かる中京の馬場も合ってた感じ。それでもなかなか良い勝ちっぷりで芝ダートの二刀流で十分やっていけそう。あとはもう1Fの距離延長に対応出来れば。

2着アサクサゲンキはスッと行き脚は付いたが、行きたい馬を先に行かせて好位のインで折り合いに専念。4コーナーまで経済コースを立ち回り、直線で外へ持ち出すとしっかり脚を伸ばして2着を確保。
多少行きたがっていたが、それでも勝ち馬よりは抑えられてた方。省エネ騎乗で上手く距離を持たせて余力を蓄えた事で終いもしっかり伸びては来たが、距離適性に関してはここが限界。

3着フロンティアはスタートの一完歩目が甘かったが、元々急がせる気もなかったか、中団馬群の中から。距離短縮で少し促しつつの追走だったが、直線は外へ持ち出されて2着馬の後ろからしっかり脚を使った。
同じく中団からの競馬となった朝日杯FSでは流れ込む程度だったが、今回はしっかり脚を使えており、控えて差す競馬に一定の収穫。もう少し馬体が絞れればNHKマイルCでもそれなりには。

アンブロジオはジワッと行き脚を付けて2番手からの競馬。道中はラチ沿いに付けて折り合いを付け、4コーナーで被せに掛かったタイセイプライドや勝ち馬やり過ごすと直線で外へ。2、3着馬程の切れはなかったが、この馬なりには伸びて来た。

1番人気ダノンスマッシュは落馬寸前だった朝日杯FSよりマシだったが、出負けしてしまって後方から。後方馬群の中で脚を溜め、直線は外へ回さずに内へ狙う構え。一旦は4番手付近まで上がって来たが、そこからが伸びあぐねて流れ込む程度。不甲斐ない内容で成長力に疑問を感じた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR