FC2ブログ

阪神大賞典回顧

札幌記念で3連複取らせてもらってから条件が噛み合えば(と思った時)買ってるレインボーラインが勝ち、セントライト記念でステイヤーの資質を感じたサトノクロニクルが2着、そして「妙味はないが軸で仕方ない」クリンチャーが3着に入りながら馬券は当たってない。
普通にクリンチャー1頭軸の3連複買ってれば嫌でも当たってたのに、妙味を求めた変化球(カレンミロティック)で攻めたらど真ん中に行ってスタンドまで運ばれた気分。「取れるレースでしっかり取っとけば、それの積み重ねで相応のプラスになる」と宣ってた俺は何処へ行った?

アーリントンC以来の勝利となったレインボーライン。スタートからジワッと下げて後方で折り合いに専念。抑え切れない行きっぷりの良さを宥めつつ、中盤まで動かず。3~4コーナーで進出を開始し、直線入り口で先団の後ろ。直線半ばで先頭に立つと、最後は流す余裕で2着馬の追撃を抑えた。
クリンチャーが掛かり気味に前に圧を掛けた事で流れた前半を受け流せたし、プラス10キロも細身の馬体に筋肉が付いたと取れる仕上がり。ペースが向いたのは確かだが、細化しやすかった昨年より成長してる印象。

2着サトノクロニクルは出たなりの競馬で道中は中団で勝ち馬より一つ前の位置取り。道中はスンナリ折り合ってリズム良く追走していたが、勝負所では行きっぷりの良かった勝ち馬に被せられて先に行かれてしまう。それでも、直線でクリンチャーを競り落として2着を確保。
勝負所でスッと加速出来ない弱点が勝ち馬との明暗を分けたが、持ち前の息の長い末脚で最後までしっかり伸びてステイヤーとしての資質を改めて示した。今回は中団からだったが、もう一つ前から動ければ天皇賞でも面白い存在になりそう。

3着クリンチャーはスタートはこの馬にしては出たが、外枠から壁を作れなかった事で序盤から掛かってしまい、図らずも前にプレッシャーを掛ける事に。中盤は落ち着いたが、勝負所からムイトオブリガードの強引な早仕掛けを追い掛けざるを得ない形となり、最後は3着を死守するので精一杯。
幾らスタミナが豊富とはいえ、前半を掛かり気味に速く入って超ロングスパート合戦にマトモに付き合ってしまっては流石に余力は残ってない。結果として乗り替わりが裏目に出た形。

アルバートはスタートからすぐに後方に下げて道中は勝ち馬の後ろで末脚温存。道中もスムーズに折り合ってじっくりと脚を溜め、先に動いた勝ち馬の動きを見てから仕掛けに入ったが、直線でスッと離されて追い付けず。
展開としては申し分なかったが、プラス6キロと自己最高タイの馬体重で予想でも危惧してた重め残り。これではじっくり脚を溜めても直線で切れを欠くのはやむなし。天皇賞は馬体が絞れれば。

粘り込みに期待したカレンミロティックは掛かり気味なクリンチャーのプレッシャーを受け流す形で道中は中団の前。ただ、勝負所から追い通しの手応えとなり、勢い良く動いた勝ち馬に比べて劣勢だった時点で諦めた。ジリジリ伸びてバテた馬を交わす程度。

何故かカレンミロティックより人気になったムイトオブリガードはヤマカツライデンを先に行かせての2番手。3コーナー手前から動いて先頭に並び掛けるロングスパートに打って出たが、直線半ばで踏ん張り切れず。
いくら2600mでレコード勝ちしたとはいえ、流石に2段階の格上挑戦でどうにかなるような甘い面子ではなかったし、スパートのタイミングも早すぎ。乗り替わりの意趣返しとは穿った見方だろうが、クリンチャーを道連れにするかのような豆モヤシの早仕掛けだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR