FC2ブログ

きさらぎ賞回顧(フルキチ、20年前の雪辱を果たす)

馬券は外してるが、サトノフェイバーがグローリーヴェイズの追撃を凌ぎ切ったゴール前で胸アツ。同世代としては、フルキチがテイエムジンソクに続いてお手馬で重賞制覇を決めたのは地味に嬉しい。きさらぎ賞はアインブライド(9着)以来20年ぶりの騎乗だったが、あの時の雪辱を果たしたというところか。
昨年はキャリアハイとなる96勝を挙げた和田竜二、マイネルの主戦として定着した柴田大知、調教師としてコンスタントに年間20勝を挙げてる高橋亮、フルキチも含めて同世代の連中が頑張ってるのを見てると、馬券から離れて応援したくなる・・・あぁ、出世頭のアレはどうでもいいわ。

キャリア1戦馬初のきさらぎ賞勝利馬となったサトノフェイバー。好スタートを決めたのもあって押し出されるようにハナへ。3コーナー坂の上りで2着馬に交わされたが、すぐにハナを奪い返し、直線もしぶとい二枚腰で追い縋る2着馬の追撃を凌ぎ切った。
気性の問題ではなく、センスの良さでハナを切ってる感じ。中盤に上手くペースを落とせたとはいえ、終いもしっかり脚を使えてる。相手が強くなってどうかだが、自分のペースを保てれば通用しても。

2着グローリーヴェイズはスタート一息で序盤は後方。ペースが緩んで馬群が凝縮した中盤に外を通って一気に前へ押し上げ、坂の上りで一旦は先頭。直線で一旦は離されかけたが、ジリジリと追い詰めて最後はクビの上げ下げまで持ち込んだ。
スタートで安めを売ったが、ペースが緩んだ中盤で一気に位置取りを上げたデムーロの勝負勘の良さは流石。輸送もクリアしたし、本賞金も加算と収穫の多い一戦。

3着ラセットは出たなりの競馬で序盤は好位。道中は内で折り合いを付けてたが、坂の上り下りで少し位置取りを下げてしまう。直線は外へ持ち出して脚を伸ばしたが、1、2着馬までには届かず。
パドックでは少しテンションが高かった感じだったが、レースでは折り合って1Fの距離延長をクリア。それだけに坂の上り下りでややチグハグになったのが惜しまれる。

カツジは外枠もあって無理をせず中団。前に馬を置いて折り合いを付けたが、折り合いを欠いたダノンマジェスティに被せられるのを嫌って坂の上りから動く形。4コーナーで3番手に上がったが、直線で追い出されると甘くなって伸び切れず。この距離は少し長い印象。

ダノンマジェスティは序盤から掛かり通しで折り合いを付けるのに四苦八苦。坂の手前から辛抱堪らずという感じでカツジと共に位置を上げたが、4コーナーで左に張ってコーナーをマトモに曲がれず。直線もモタれ通しで競馬にならず。
快勝だった新馬戦でも直線で左へ切れて行ったが、今回は更に酷く、コーナーですらマトモに曲がれてない。ここまで気性がアレとは思わなかった。これが改善されないと、素質を活かせないまま終わってしまいそう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
75位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR