FC2ブログ

シルクロードS回顧

逃げ粘るセイウンコウセイをファインニードルが交わしに掛かり、外からカラクレナイが末脚を伸ばしたところで配当の皮算用を始めたが、その後ろからフミノムーンが差して来てゴール寸前で交わし、痛恨の1、2、4着で悶絶。
しかも、ブービー負けしたスワンSでは本命視してて今回無印というのが精神的ダメージをさらに助長させてて嫌になる。

セントウルS以来の重賞勝利となったファインニードル。最内から楽な形で好位のインで抜群の行きっぷり。3~4コーナーのコーナリングで2、3番手に上がり、直線で逃げ込みを図る2着馬を交わし、その後は余裕を持ってゴール。
プラス18キロと過去最高の馬体重で太目残りを危惧したが、成長分と言える体付き。セントウルSの余勢を駆ったスプリンターズSでは後手に回って大敗したが、今回は持ち前の機動力を活かせた。左回りに不安は残るが、内枠を引ければ高松宮記念でも。

2着セイウンコウセイはスタートから気合を付けてハナを切る積極策。番手のプレッシャーもキツくなかった事で前半3Fを34秒フラットのマイペース。直線で勝ち馬に交わされてもしぶとく踏ん張って2着に残った。
キビキビした追い切りから復調気配を感じたが、それが行きっぷりの良さに繋がったと言える。適度に時計が掛かってる今の京都の馬場もこの馬には向いていた。夏以降の低迷から漸く脱出。馬場次第で高松宮記念連覇の可能性も。

3着フミノムーンはスタートから後方に控えていつも通りの待機策。序盤はやや行きたがる素振りを見せたが、
我慢させて脚を溜めて直線で外へ。上がり最速の末脚でゴール寸前で3着に浮上。
昨年秋2戦は良いところなく大敗したが、今回はパドックから落ち着きがあった事でレースでも折り合って持ち味の末脚を引き出せた。しかしまぁ、よりにもよってここで来なくても。

カラクレナイはスタートでやや出負けしたが、そのまま無理に位置を取らずに中団で折り合い重視。前半のペースも上がらなかったのもあってあまり置かれる事なく、直線でも外から脚を伸ばして2着馬に迫ったが・・・
待機策で末脚を活かす構えになるというのは概ね予想通り。そして、短距離の差し馬として今後にある程度目処が付く及第点の内容。しかし・・・あそこまで行ったのなら3着に来てほしかったよ池添。

ナックビーナスはテンの速さは断トツでハナを切ろうと思えば切れたが、内の4枠2頭を先に行かせて好位の外目から。直線で1、2着馬に迫ろうとしたが、残り1Fからジリッぽくなって伸びあぐねた。外枠もあって大事を取ったのは理解出来るが、あれだけテンが速かったのだから、自分でレースを作る方が良かったかも。

アレスバローズは内枠で揉まれる競馬が合わなかったか、終始内へモタれてリズム感を欠いたチグハグな追走。4コーナーでセカンドテーブルに前を閉められ、直線も外へ出すスペースがなくて内へ突っ込んだがモタれて最後はマトモに追えず。とはいえ、いくらデムーロ騎乗でも何で2番人気になったのか謎。

アットザシーサイドは条件戦なら好位を取れるが、OPクラスでは1200mだと位置を取るのが難しい。これは完全に見込み違い。ニシケンモノノフはテンから芝に戸惑ってる感じ付いて行けず。畑違いも良いところ。ダイアナヘイローは番手に付けたまでは良かったが、外へ逃げ気味の追走で2着馬にプレッシャーを掛けるどころではなく、直線で早々と脱落。気ムラな面が出たとしか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR