東海S回顧

GⅠ級の馬が自分しかいないという恵まれたメンバー構成だったが、グリグリのド本命に推されたテイエムジンソクが追い掛けた組を叩き潰す地力勝負に持ち込んで完勝。いよいよ完成の領域に入ったと言える強さだった。

1コーナーで斜行し、他馬の進路を潰したのはミソだが、二の脚の速さでハナを切って自分でレースを作る構え。2コーナー~向こう正面半ばでペースを落として息を入れ、そこから3コーナーまで加速。4コーナーで一旦引き付け、直線でラストスパート。唯一2着馬が食い下がったものの、最後まで馬体を並ばせなかった。
相手に恵まれたのは確かだが、自分でレースを作り、緩急を付けたペース配分で後続のスタミナを根こそぎ削り取るという強さが際立つレース。フェブラリーSのコース形態はこの馬に適してると言い難いが、それでも軽くは扱えない。

2着コスモカナディアンは二の脚は鈍かったが、中団前に付けた後は行きっぷりが良く、向こう正面で好位の外目。3~4コーナーで2番手集団を上手く捌き、直線で唯一勝ち馬に追い縋ったが、並び掛けるまでには至らず。
休み明けの前走で惨敗して人気は急落してたが、昨年は川崎記念で3着に好走する等、冬場に強いタイプ。3着以下は6馬身離しており、相手が悪すぎたとはいえ復調をアピール。

3着モルトベーネはスタートから出して位置を取りに行く構え。1~2コーナーで激しいポジション争いを演じて掛かりかけ、4コーナーでは後続に吸収されるかに見えたが、直線で外へ持ち出してからしぶとい二枚腰で3着を確保。昨年も2着に来たが、年明けから春先は調子を上げて来るタイプ。

サンマルデュークはスタートで躓いたが、さしたる不利にならずに中団後方のイン。そのままコースロスなく立ち回り、直線はバテたディアデルレイの内を突いてジリジリと脚を伸ばした。脚抜きが良くなるとダメだが、時計が掛かる馬場ならそれなりに脚が使える。9歳馬ながら大健闘と言えるだろう。

クインズサターンは外枠が仇になった形。スタートから下げて内に入れようとしたが、時間が掛かって入ったのは向こう正面でこの時点で最後方。4コーナーで大外へ持ち出し、直線は良く伸びて来たが、3着争いに加わるのが精一杯。いずれはもう少し上に行けると思うが、現時点でハマるには内枠が欲しい。

ディアデルレイは勝ち馬をマークするべく位置を取りに行ったが、これが裏目に。1~2コーナーで3着馬等とやり合う形となり、そのまま勝ち馬のペースに付いて行く羽目となって残り1Fで力尽きた。型にハマれば強いが、自分のリズムで走れないと脆い。

ドラゴンバローズはスタートから出して行っても中団に付けるのがやっとで3~4コーナーでは早々とムチが入って見せ場なし。変わり身を見せるかと期待したが、予想以上に復調に手間取ってる。シャイニービームは1コーナーで勝ち馬にカットされてリズムを崩してしまった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR