中山金杯・京都金杯回顧

中山金杯は直線半ばで先頭に立ったウインブライトをセダブリランテスが交わしに掛かり、外からストレンジクォークとブラックバゴが急追。ウインブライトが4着に落ちたら新年早々悲しみで狂い悶えるところだったが、2着に残って馬連と3連複ダブル的中。ゴール前は差してほしいのか来ないでほしいのか良く分からない気分になったw

今年最初の重賞勝ち馬となったセダブリランテス。好スタートを切り、内のトーセンマタコイヤを先に行かせての番手から。マイネルミラノが捲ってハナを奪い、ペースが一気に上がった3コーナーからズブさを出し、4コーナーでは内の2着馬にも交わされたが、直線でしっかり伸びてゴール寸前で差し切った。
前走同様に勝負所でズブさを出したが、瞬発力が問われない持久力勝負になったのはこの馬にとっては幸いした形。やはり本質的には中距離巧者。上がり勝負にならなければ一線級相手でも通用しそう。

2着ウインブライトは好スタートを切ったが、無理にハナを主張せず控えて3、4番手のインから。勝負所でズブさを出した勝ち馬とは対照的に内から器用に立ち回り、直線半ばで先頭に立ったが、ゴール寸前で差された。
負けはしたが、勝ち馬よりハンデが1キロ重かったし、逃げなくとも正攻法の立ち回りで勝ちに等しい内容で収穫の多い一戦。小回りの中距離戦でなら今後も安定株。

3着ストレンジクォークはスタートはやや控えめに出て集団の内目に入れると道中は折り合いに専念。4コーナーから仕掛けて行き、直線で外へ持ち出すと坂上から一気に伸びて前に急追。
外へ持ち出すのに若干手間取ったが、コース適性の高さと手頃なハンデで見せ場十分の内容。追い切りでは坂路で一番時計を出してたので狙ってみたが、柴山GJだった。

ブラックバゴはスタートから控えて道中は集団からやや離れた最後方。前半はスローペースでやや行きたがるところもあったが、脚を溜めるだけ溜めて直線勝負。直線は大外から一気に伸びて来たが、上位馬を交わし切るまでには至らず。流石に位置取りが後ろすぎたか。

ダイワキャグニーは中団前目に付けて前半は行きたがるのを宥めながらの追走。途中まではマズマズだったが、3~4コーナーのコーナリングで外へ膨れてしまって位置取りを下げる苦しい展開。最後は地力で伸びて来たとはいえ、やはり右回りはペースが速くなるとコーナリングが上手く出来ない。左回りで改めて。

トーセンマタコイヤはスタートから出して行ってハナを主張する意外な展開。途中でマイネルミラノに捲られたが、直線も坂上まで食い下がった。7歳だが、休み休み使ってるので16戦と使い込まれていない。中距離のOP特別くらいなら馬券になっても。

成長力を見せた同期の1、2着馬とは対照的にカデナとアウトライアーズは距離の壁とか成長力の乏しさを露呈。フェルメッツァは好位から運んだが、ペースアップした勝負所で手応えが怪しくなってギブアップ。


京都金杯は中山と違ってゴール寸前で軸のレッドアンシェルが差されてしまいタテ目。3連複なら当たりだったが、配当の安さから馬連のみに絞ったのが失敗だった。

テン乗りの武豊の仕掛けが絶妙だったブラックムーン。スタートから控えて道中は最後方。末脚勝負に徹するのはいつも通りだったが、ペースの遅さを察知して坂の下りを利して4コーナーから早めに進出。直線は外へササりかけたが、左ムチで修正しながらしっかり脚を伸ばして差し切った。
従来の直線勝負だったら届かずに4、5着だったと思うだけに、無理のない形で早めに動いた豊の判断力は流石。盟友は去ったが、今年も第一人者健在をまざまざとアピール。

2着クルーガーは大外枠もあって好スタートから控えて中団。道中は折り合いに専念して脚を溜めたが、4コーナーでは動いた勝ち馬やキョウヘイに被せられて動くに動けず。直線は馬群に突っ込み、3着馬とダノンメジャーの間をこじ開けて2着に浮上。
トップハンデ57.5キロも微妙に堪えた形となったが、順調に使い込めない馬だけに2着で本賞金を加算出来たのは収穫。しかし、昨年の富士Sから注目してるのに馬券を取れないのはまさに痛恨。

3着レッドアンシェルは逃げ先行馬を先に行かせて好位5、6番手から。前に壁は作れなかったが、道中は折り合いも付いて流れに乗り、直線で満を持して仕掛けたが、最後は決め手の差が出た形。
心配してたイレ込みもキツくなかったし、道中もソツのない立ち回りで仕掛けるタイミングもあってたと思うが、切れ味勝負になると分が悪かった。ここで本賞金を加算出来なかったのは痛い。

ダノンメジャーはジワッと前に出て序盤は前3頭からやや離れた4番手。3コーナーで後ろに取り付き、4コナーで2番手。直線も最後まで脚を使ったが、上位馬には切れ負け。切れがないのだから、4コーナーで先頭に立つくらいでも良かった気がする。

カラクレナイは出たなりの競馬で道中は好位から。内目で折り合いを付けて脚を溜め、直線でも余力十分。前が空いた時には「やられた!」と思ったが、そこから手応えの割に伸び切れず。大分復調して来たが、やはりマイルは微妙に長い。1400mくらいで改めて。

ラビットランは出たなりの競馬で中団の内目から。道中は時折行きたがる素振りを見せたが、それでもこの馬としては許容範囲内。直線も馬群を割れるスペースはあったのだが、案外な伸びで流れ込むまで。もう少しペースが流れた方が良かったか。

ウインガニオンはスタートから気合いを付けてハナを主張。中盤にペースを落としたものの、道中はアメリカズカップに突かれる形。直線入り口で既に後退しかけてたし、内から追い抜いた馬と接触して更に戦意喪失。展開もキツかったが、やはり夏男。このままサマーマイルシリーズまで待ちで良いだろう。

両方取れればベストだったが、高めの3連複を取れたので新年のスタートとしては上々。明日は休日出勤だし、特に食指が動く面子でもないのでフェアリーSは予想しません。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR