FC2ブログ

阪神C回顧

フジキセキ最後の傑作・イスラボニータが改修前とはいえサクラバクシンオーが持ってたコースレコードを塗り替えて有終の美を飾った。予定調和とも言えるどこぞの忖度競馬と違い、真っ向勝負で勝ち切ったのは馬券を抜きにして良いモノを見た気分。

スタートは甘かったが、二の脚の速さで挽回。その過程で少し行きたがったが、抑えて好位馬群の中で我慢。4コーナーまで動かず、直線に向いて馬群の間をすり抜けるように脚を伸ばし、先に抜け出した2着馬を一完歩ずつ追い詰めてゴール前で差し切った。
他の人気所で予想を固めたので手が回らなかったが、位置を取れる機動力、馬群を割れる反応の良さ等、レースセンスの高さは最後まで健在だった。距離不安から軽視したダービー以降は買ったら来ない(時には相手が)、切ったら来ると噛み合わなくなってしまったのが残念。お疲れ様でしたm(__)m

2着ダンスディレクターはこの馬としてはこれ以上ないくらいの好スタートを切って好位4、5番手。道中の折り合いもスムーズで4コーナーで先団の外。残り1Fで先頭に立ったが、最後の最後で勝ち馬の末脚に屈した。
この馬とも馬券的相性は良くないのだが、この馬が阪神CとシルクロードSだけは異様に走るのを失念してた。あれだけ、マトモにゲートを出て好位を取れるなんて予想も出来なかったし。

3着サングレーザーはスタート五分も、そこから控えて末脚温存。これは別に悪くはないのだが、折り合いを気にして必要以上に下げる福永の悪癖が発動。直線は大外から良く追い込んで来たが、1、2着馬には届かず。
溜めるだけ溜めたのもあって、上がり33.5秒と最速の脚は使えたが、如何せん位置取りが後ろすぎ。有馬のシャケトラでは日和った接待プレーしてたが、福永は絶望的なまでに勝負勘がないんだなと再確認。

モズアスコットはスタートからジワッと出して中団の外目。3~4コーナーから外目を回って進出を開始し、直線入り口では先団を射程内に。先に抜け出した2着馬を捕らえそうな脚色だったが、残り1Fで脚が上がった。
未勝利戦からノンストップでOPまで行ったが、流石に一気の相手強化で突き抜ける力はなかったか。ただ、外を回って動いてる点を鑑みれば強い競馬をしたのも確か。いずれは重賞に手が届くだろう。

ビップライブリーは道中は2着馬の一つ後ろの位置取り。序盤は若干力みはしたが、この馬としては許容範囲内。4コーナーでモズアスコットに被せられ、直線半ばで置かれはしたが、最後までこの馬なりに脚を使った。
このクラスに入ると1400mでは決め脚不足を露呈したが、それでも大きく崩れてはおらず地力強化が窺える。OPなら1200mの方が向いてる感じで道悪になれば更にヨシか。

何気に上がり2位の末脚を使ったのが、芝は初だったモーニン。後方2、3番手で折り合いに専念してた時は気にもしてなかったが、直線は大外から地味に脚を使って伸びて来た。レース慣れしたらヒルノデイバローみたいに重賞で目処が立つかもしれない。

レーヌミノルはスタートから位置を取りに行ったが、先に1、2着馬に前を取られてしまい、外からはビップライブリーやモズアスコットに被せられて動くに動けず。直線で大外に出したが、窮屈な競馬を強いられたのもって上位を脅かす勢いはなかった。今回はマイルCSのように上手く乗れなかった。

アポロノシンザンはスタートを決めて注文通りハナを切ったが、トウショウピストに突かれるキツい展開。直線はでは抵抗する余力も残ってなかった。逃げ馬の脆さが出たレース。ミスエルテはまた馬体が減ってたし、例によって腹が巻き上がり気味だったので切った。もう、引退するまでずっとこのパターンなのだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR