FC2ブログ

有馬記念回顧(あまりの忖度レースに草も生えない糞レース)

まず初めに引退の花道を飾ったキタサンブラックには何の悪感情もない事は書いておく。散々痛い目に遭ってからだが、この馬の持続力と持久力の高さは十分に認めていたし、軸に据えるようになってから足向けて寝られないくらい勝たせてもらった。大きな故障もなく、約3年間第一線で走り続けたタフさと強さは称賛されて然るべき。

だが、今回のレースは今風に書けば忖度レースの極みで草も生えない糞レース。馬券を抜きにしても鳥肌立つ名勝負になった昨日の中山大障害が台無し。ラップを見れば分かるが、これだけ楽に行かせてもらえればそりゃキタサンのやりたい放題になるわけで。レースレベルとしては中身スカスカの凡戦、今まで見た有馬で最も詰まらない有馬になった。
主だった戦犯は言うまでもないが、番手集団にいながらプレッシャーらしいプレッシャーを掛けようともしなかった池添、福永、川田の3人。ペースが緩んだ1~2コーナーでも動こうともしなかった時点でキタサンが逃げ切るのだけは理解出来た。
昨年のサトノの連係プレーはキタサンに勝とうとする意図があったので俺の中ではまだ許せるが、豊に鈴を付ける度胸もない見え見えの着狙いとか反吐が出る。空気読めない外国人騎手が番手集団のどれかに乗ってればここまで酷い接待プレーにはならなかっただろう。
特に外枠から出して行って番手に上がってから鈴を付けようともしなかったカレンミロティックの川田は俺の中で福永・戸崎ばりのクソと認定。せいぜい社台に尻尾振って、外国人騎手が乗るまでの主戦(仮)でも務めてろ。

さて、サブちゃんやりたい放題のキタサン引退セレモニーでいくらか毒気を抜かれたのもあって(あそこまで突き抜けてしまうと何も言えねえw)毒を吐くのはこれくらいにしておく。

前述のように番手集団が何もしなければ、自分でレースを作れるキタサンブラックと武豊にしてみれば楽し放題。ハナを切って中盤に13秒台を2つ並べて息を入れれば、後半は段階を踏んで加速して後続の脚を削り取るのもお手の物。
正直、中身が何もない忖度レースが引退レースとなったのは残念だが、究極の消耗戦となった天皇賞・春、出遅れて詰みの状況から巧みなヘッドワークで勝ち切った天皇賞・秋、敗れはしたが、包囲網を敷かれても潰れなかった昨年の宝塚や有馬等でこの馬の能力は十分認識している。瞬発力はないが持続力と持久力を高レベルで兼ね備え、自分でレースを作るタイプとしては一種の完成型だった。お疲れ様でしたm(__)m

2着クイーンズリングはスタートからジワッと出して行って2番手集団の後ろ。この過程でやや行きたがったが、折り合いを付けた後はコースロスのない立ち回りで流れに乗ると、直線では馬群を割って抜け出し、追い込んで来た3、4着馬の追撃を凌ぎ切った。
予想でも書いたように、コーナー6つで息が入れやすいこのコース形態は本質的には中距離馬でも誤魔化しが効くのだが、この馬がそれに当て嵌まるとは予想外。直線での斜行は宜しくないが、好位のポケットで運べた時のルメールは実に達者。この馬も引退レースだったが、最後の最後で激走するとは思わなかったわ。

3着シュヴァルグランはスタートは出たが、10番枠もあって好位を取れず隊列が出来る過程で中団後方から。ペースが落ちた中盤でやや行きたがったのを宥めて我慢させ、3~4コーナーからスパート。しかし、直線半ばで内外から挟まれて減速する不利。立て直して再度伸びて来たが、首の上げ下げで2着馬に競り負け。
直線での不利も痛かったが、やはりこの馬は有馬のコース形態では持ち味を活かし切れないと再確認。勝負所からのスパートでもコーナーでスムーズに加速出来ていない。加速し切れていれば直線で不利を受ける前に抜け出していただろう。来年の天皇賞で改めて。

スワーヴリチャードはスタート一息で後方から。ペースが落ち着いたところで行きたがるのを何とか宥めて折り合いを付け、課題だった右回りのコーナリングも皐月賞に比べてスムーズ。勝負所で3着馬を被せに行く形で仕掛けに入り、直線では2番手に上がりそうな脚色だったが、そこから内へモタれて斜行。
道中は何とか上手く行っていたが、最後の最後で右回りに対する課題が露呈。デムーロも右鞭を入れて何とか修正しようとしていたが、修正し切れずゴチャ付く不利の要因に。来年以降も右回りでは割り引いて考えたい。

ルージュバックはスタートで出遅れて道中は最後方のインから。前に馬を置いてスローペースでも折り合い、道中は動かずに末脚勝負の構え。4コーナーでも極端に外へ回さず、直線も馬群を捌く形で脚を伸ばした。
戸崎が乗ってた頃はワンターン専用機っぽかったのだが、北村宏司とは妙に手が合うというか、コーナー6つのコース形態でも上がり最速。直線のゴチャつきも避けられたのが功を奏した。

掲示板以外の馬はペースが向かなかったり、直線で不利を受けたりして特に語る事がない。サトノクラウンは状態にも疑問符が付いたが、この馬に一番向いてないペースだった。

枠順を見た時から御膳立てが整いすぎてると感じていたが、黙ってキタサンの単勝を買ってれば良かったレース。引退セレモニーで北村宏司は兎も角、調教パートナーとはいえ一応は栗東所属の黒岩を連れて来れる辺り、ありとあらゆる環境が悪い意味で空気読んでしまった感じ。まだ200勝達成のインタビューで声を詰まらせてた松若の方が好感が持てた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR