FC2ブログ

中山大障害回顧

「さぁ、前王者か?現王者か?」

今年の中山大障害はこのフレーズと共に障害レース史上最高の名勝負として競馬ファンの心に印象付けられたのではないだろうか?ポレールが王者として君臨してた頃から見て来たが、これに勝る障害レースは俺が生きてる間に二度と観る事はないと言い切れるくらいの名勝負だった。

障害重賞8連勝、障害GⅠ4連勝と不滅とも思える自身の記録をまた1つ塗り替えたオジュウチョウサン。最初の障害でゴチャつき、大竹柵の飛越でややバランスを崩す等、前半はモタついたが、2番手に浮上してからは安定したレース運び。大逃げを打った2着馬との差を少しずつ詰めて行き、ゴール寸前で測った様に差し切った。
似たような展開となった東京ハイJよりも遥かに厳しい競馬だったが、それでも差し切れるところが絶対王者所以の底力か。一体、どうやったら負けるのか想像が付かない。

2着アップトゥデイトはややスタートが甘かったが、そこから挽回して水壕障害の手前でハナへ。そこから一気にペースを上げて後続を大きく引き離しての大逃げ。2周目の向こう正面でも10馬身程のリードを保って場内を沸かせたが、ゴール寸前で勝ち馬の底力に屈した。
最後に差されたが、前々で運ぶスタイルを活かした【オジュウチョウサンに勝つにはこれしかない】という強気の大逃げには鳥肌立った。この馬がいたからこそ歴史的名勝負が生まれたわけで感謝の一言。

3着ルペールノエルは大外枠もあって序盤で良いポジションを取れずに後方からの競馬。最終障害を飛んだところで漸く中団に取り付き、直線で懸命に追い上げてゴール寸前で3着に上がった。もう少し前目で運べれば差は詰まったかもだが、あれだけ離されてはどちらにしろ3着が精一杯だっただろう。

シンキングダンサーはスタートで他馬と接触し、前に入られて後手に回る形。しかし、そこから立て直して自分のリズムを守ってレースを進め、2周目の3~4コーナーで3番手集団の外。直線で一旦は3番手に上がったものの、ゴール寸前で差された。とはいえ、まだ4歳馬と若い。これからが楽しみな1頭。

サンレイデュークはこの馬としては前目のポジションを取れたが、2着が予想以上の大逃げを打った事で他入れるがバラける淀みない流れではジリジリ伸びるので精一杯。9歳という年齢を鑑みれば良く走ってるが。

マイネルフィエステは好位から運んだが、最後はスタミナが切れて失速。バンケットもあまり得意ではない感じ。クランモンタナは絞り切れずに息切れ。スズカプレストは距離が長すぎた。

名勝負になったし、全馬無事に完走。馬券も当たったし、良い事尽くしのレースに大満足w有馬記念もこうした気分で回顧出来れば良いなw呑気にそう思ってた自分にグーパンチしてやりたい気分になったわい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR