FC2ブログ

中日新聞杯回顧

藤岡康太に一抹の不安を感じはしたが、冬場に強いタイプで叩き2戦目、一連のローカル重賞で堅実、コース実績もあったスズカデヴィアスを軸に据えたが、末脚不発の9着。内枠が災いしたのもあるが、仕掛けるのが遅れに遅れて外へ持ち出せず。まぁ何というか、軸選びで騎手も重要なファクターだよなと改めて思った次第で。

そういう意味では、デムーロ弟を配して出走馬中唯一の外国人騎手騎乗となったメートルダールの勝利は必至と言えるか。スタート一息だったが、そこから出して行って中団の外目。道中の折り合いもスムーズで勝負所から持ったままで進出を開始。
直線半ばで内で逃げ粘るロードヴァンドールを交わして先頭に立ち、追い縋る2着馬を余裕を持って完封。2.5キロのハンデ差があったとはいえ、手応え通りの反応の良さで突き抜けた辺り、一息入れて立て直した効果があったと言えよう。

2着ミッキーロケットはジワッと出して好位の外目。折り合いも付いて流れに乗れたが、勝負所で被せに掛かった勝ち馬に併せて動いたところで内へモタれ気味。直線で一気に交わされたが、そこからしぶとく脚を伸ばした。
トップハンデ57.5キロを背負ってたのもあるし、直線では相変わらずモタれ気味。それでも、この馬としてはゲートを出た方だったし、直線で盛り返して地力の高さは見せた。

3着ロードヴァンドールはスタートから気合いを付けて最初の1F目でハナを取り切り、1~2コーナーでペースを落として息を入れてのマイペースの逃げ。直線もしぶとく二の脚を使ったが、1、2着馬の末脚が一枚上手だった。
展開面でキツいと思ってたが、バンドワゴンの出遅れもあって労せずして自分のペースに持ち込めた。道中のペース配分もノリらしく絶妙だった。GⅢクラスでは力量上位。

ショウナンバッハはスタートからすぐに後方に下げていつも通りの末脚温存。勝負所から動き出し、コーナリングで勢いを付けると直線は大外から良く伸びて来たが、3着まであと一歩届かず。予想よりも流れが緩かったのが誤算だったが、コースを問わずに安定した脚を使えてる。何処かでハマるかも。

マウントロブソンはスタートから二の脚が全く付かずに後方からの競馬。ペースが緩かったのもあって道中は少し行きたがる素振りを見せ、直線もスムーズに手前を替えずにジリジリとしか伸びず。速い上がりが要求される展開も向かなかったし、ハンデも少々見込まれてた。

フェルメッツァは中団で流れに乗れていたが、直線は2着馬に外から押し込められて持ち出す事が出来ず。やむなく内を狙ったが、そこでどん詰まってマトモに追えず。ストーンウェアは一貫して内々を通って最短距離を狙おうとしたが、これも直線で詰まって何も出来ないまま。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR