FC2ブログ

阪神JF回顧

競馬コンシェルジュでもホームランバッターに例えられてた種牡馬オルフェーヴル。2頭出しで人気を分け合った2頭は1頭は9着に敗れ、もう1頭は勝利と明暗くっきり。当たればデカいが、外れはまるでダメと安定性を欠いてる点がどうかだが、来年の種牡馬生活に向けて強力な援護射撃になっただろう。

デビューから無傷の3連勝を飾ったラッキーライラック。隊列が出来る過程で危ない場面もあったが、上手く宥めて事なきを得た。その後は中団前目で脚を溜め、一つ前にいた2着馬を目標に動き、残り100mでこれを捕らえた。
スロー上がり勝負は新潟外回りのデビュー戦で経験済み。予想よりやや後ろの位置取りだったとはいえ、課題の折り合いさえクリア出来れば一定のレベルにある切れを引き出せる。傑出した存在とは言えないが、来年のクラシックでも有力候補だろう。

2着リリーノーブルはスタートを決めてジワッと好位に取り付き、道中も折り合っての追走。4コーナーでマドモアゼルに振られはしたが、態勢を立て直した直線半ばで一旦は先頭。しかし、内へヨレた事もあって勝ち馬に捕らえられた。
負けはしたが、好位を取れる機動力と終いの決め手は重賞クラスでも十分に通用。中1週の強行軍でも馬体を維持出来たし、テンションも抑えられてた。ルーラーシップ産駒だけに、距離が延びても十分にやれそう。

3着マウレアはスタートから追っ付けて促し、道中は中団馬群の中から。4コーナーで外へ出そうとしたが、1、2着馬の後ろで窮屈な位置取りに。それでも、直線は狭いところから脚を伸ばして前2頭に迫った。
馬込みでも怯まない勝負根性を見せたし、切れが問われる展開でもしっかり脚を伸ばして来た。まだ若さを覗かせる部分はあるが、上手く成長すれば姉みたく大仕事をやってのけるかも。

トーセンブレスはスタートからすぐに後ろに下げて末脚温存。馬込みの中で折り合いを付けて道中は待ちに徹し、直線は外から上がり最速の脚を使ったが、上位3頭とはやや離される形。
中途半端に位置を取るより脚を溜めるスタイルが合ってたのは予想通りだったが、予想よりもペースが遅かったのが誤算。展開に左右される弱点はあるが、ハマれば格上相手でも通用しそう。

モルトアレグロはイレ込みがキツかった事もあって中団の外目で折り合いに専念。直線は瞬発力の差で前にいた勝ち馬から離されたが、この馬なりにしっかり脚は伸ばせた。カチッとした体型で距離の壁はありそうだが、牝馬同士ならマイルまでは持ちそう。

ラテュロスは好スタートを切ると逃げ馬を先に行かせて好位のイン。内ラチ沿いで折り合いを付け、直線は最内を突いて一瞬伸びかけたが、残り1F辺りからジリッぽくなった。切れ味に欠けるタイプで上がり勝負になった事で展開が向かなかった。

ソシアルクラブはスタート一息なのもあって後方に控えて折り合いに専念。直線では大外に回してトーセンブレスと併せる形になったが、残り1Fで置かれてしまった。太目ではなかったデビュー戦からマイナス12キロだったのも影響したか。

1番人気ロックディスタウンはフルゲートの大外枠が災いした形。みっともないジェットスキーにはならなかったが、掛かり気味に3番手の外目に進出。直線に向くまで追い出しは我慢してたが、前半掛かってたツケもあって直線半ばで失速。追い切りから状態に疑問符が付いてたし、気性面の危うさも露呈。

欲言えばトーセンブレスが3着に来てくれた方がより儲けが出たのだが、馬連と3連複ダブル的中。すっかり忘れてた固定資産税を捻出し、有馬ウィークの軍資金を割く必要がなくなって良かった良かったw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR