FC2ブログ

ダービー回顧

今年もPO馬のダービー制覇ならず。1番人気に支持されたワールドエースは直線大外から追い込むも4着に終わった。
前レースのむらさき賞を当てたは良いが、典型的な前残り決着に何となく嫌な予感がした。もしかしたら、この馬場では届かないんじゃないかと・・・事実、それは現実のものになった。とはいえ、福永に騎乗に問題があったかと言えばあからさまなミスはなかったと思う。スタートを普通に出て、馬群の内に入れて折り合いをつけるのは予想通り。器用さに欠けるので、コーナーで置かれるのも想定内。
ただ、直線に向いたところでのゴーサインに瞬時に反応出来なかったのが響いたと思う。あそこでゴールドシップとコスモオオゾラの間を割っていれば、もう少し際どい勝負に持ち込めたのではないかと思う。フェノーメノの位置にいれば・・・という思いもあるにはあるが、前を取りに行って末をなくす可能性もあるし、こればかりは何とも言えない。

と、決して福永が下手打ったのでないと認識した上で書かせてもらう。福永は父や全盛期の豊は言うに及ばず、名手と呼ばれた岡部・河内・南井・的場・柴田政・田原といった先人達の領域に届く事はこの先まずないだろう。今年のダービーは福永にとって騎手として更に上のレベルに行けるかどうかという分岐点だったと思うし、福永自身も相当な自信があった筈だ。だが、福永は勝てなかった。勝たなくてはならない状況で必要な何かが福永には足りなかったし、この敗戦を糧にするだけのメンタル面の強さは残念ながら福永にない(あったら、その前にGⅠ勝ってるわ)今年のダービーは騎手・福永祐一の限界点が垣間見えたと言えよう。


勝ったディープブリランテに関しては完全に身誤っていた。あの行きたがる気性では2400mはまず持たないと・・・1周目のゴール前で行きたがる仕草を見せた時までそう思ってた。ところが、ペースが速かった事もあって2コーナーに入るまでにすんなりと流れに乗って折り合ってしまった。ここで「下手したら、残るんじゃないか」とマズい予感がした。果たせるかな、4コーナーで3番手にいたクラレントの外に持ち出し、直線で猛然とスパート。坂上でトーセンホマレボシを交わしたところで脚が上がったが、内にモタれながらも一杯一杯に凌ぎ切った。
騎乗停止明けの岩田にとっては期するものがあったのだろう。引き上げて来た際に号泣しながらスタンドに一礼したところで「こんな場面見せられたら外して悔いなしだわ」と思った。ハマる時とハマらない時の落差は激しいが、岩田は福永に足りてない何かを持っているのだろう。調整を巡って調教師と軋轢があったらしいが、この大舞台で借りを返した岩田には素直におめでとうと言いたい。調教師に関しては、人間的に好きになれないのをレース後のインタビューで再認識したので特に何の感慨もない。

2着フェノーメノは勝ち馬より上手に乗られたと思う。スタートで勝ち馬に寄られたが不利らしい不利ではなく、すぐに好位の外目という良い位置をキープ。道中の折り合いもスムーズで4コーナーからスパートを開始。先頭を射程内に入れたまでは良かったが、坂上で外にヨレたのを立て直した分、僅かにハナ差届かなかった。蛯名のGⅠハナ差2着といえば、ステージチャンプでの幻のガッツポーズを思い出すが、今回はそれ以上惜しい負け方で、蛯名も相当悔しいだろうなと思ってしまった。現時点では東京専用という印象だが、初と言えるトップクラスとのガチ勝負で勝ちに等しい2着。走るステゴ産駒らしく、格上相手にも怯まない乱戦にしぶといタイプなのは証明出来た。今後は東京以外でそれを発揮出来るかがカギになるだろう。

3着トーセンホマレボシは前半から逃げるゼロスを追い掛ける積極策。暴走に見えなくもなかったし、4コーナーで鞭を入れながらゼロスに並びかけたところではゼロス共々馬群に沈むかに見えたが、そこからがしぶとかった。勝ち馬に交わされた後もしぶとく二枚腰を披露して脚が上がった勝ち馬に食い下がった。日本レコードを叩きだした京都新聞杯でもうお釣りは残ってないと思って切ったが、半兄トーセンジョーダン譲りのしぶとさだった。

ゴールドシップはもっと前で競馬をすると予想していたが、スタートから出して行ってるのに前に行けず。やむなく、道中はワールドエースをマークする形でレースを進め、勝負所では加速の鈍いライバルを外から被せるようにして進出。しかし、そこからの伸びが案外でジリジリとしか伸びなかった。こうした硬い馬場はあまり合わないのかもしれない。結果論になるが、前半の反応がもう少し良くて好位にいれば・・・

コスモオオゾラはこうした馬場は合わないと思って軽視したが、直線では人気2頭に食い下がってしぶとく伸びた。意外な奥の深さを見せたが、残念ながら骨折が判明。ロージズインメイの代表産駒になりつつあっただけに残念。

グランデッツァは馬体を戻して出来の良さに関しては皐月賞に比べて断然良かったし、外枠から好位を取って道中の手応えもバッチリ。しかし、坂下辺りで手応えがなくなって失速。敗因は距離だろう。中距離路線で改めて。

スピルバーグはスタートで出遅れた時点でアウト。まさかノリの後方ポツンを2週連続で見るとは思わなかった。空気になるにも程がある。ヒストリカルは木曜から20キロも減っては力を出し様がない。初の長距離輸送が合わなかったのだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ダービー回顧】

今年もPO馬のダービー制覇ならず。1番人気に支持されたワールドエースは直線大外から追い込むも4着に終わった。前レースのむらさき賞を当てたは良いが、典型的な前残り決着に何と

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは中田次郎と申します。拝見しましたが見やすくて、面白いブログですね。また参考にさせていただきます。よければ私のブログも見に来て下さい

コメ返し

コメントありがとうございます。見ての通り、自分の思うままに好き勝手に書いてるだけのブログですが、何らかの参考になったのであれば幸いです。ブログの方は後日じっくりと見させていただきます。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR