函館2歳S回顧

カシアスの勝利で3年連続2歳重賞馬を輩出したキンシャサノキセキ。他のフジキセキの後継種牡馬はカネヒキリは早世、ダノンシャンティは社台から放出と楽観視出来ない中、早熟のスプリンター製造種牡馬として着実に自らのキャラクター性を確立してると言える。

父の馬名から連想して付けられたと思われるカシアス(改宗前のモハメド・アリの本名)。好スタートを切ったが、無理せずに控えて中団前目。壁を作れなかったが、スムーズに折り合って4コーナーから進出を開始。2着馬が予想外に逃げ粘ったが、ゴール寸前で差し切った。
控えて差す競馬も問題なかったし、スタートが速くて取りたい位置を取れるセンスもなかなか。ただ、勝ちタイムは水準級で距離が延びてどうこうというタイプでもない。アクティブミノルやクリスマス級ではないかと思う。

2着ウインジェルベーラは二の脚の速さでハナを切ろうと思えば切れた感じだが、ハナには拘らずに内のパッセを先に行かせての番手。4コーナーで早々と先頭に立ち、直線はラチ沿いに張り付いて逃げ込みを図ったが、ゴール寸前で交わされた。
直線で鞭が入る度にしっぽを振る等、若さは見せたものの、楽に先行出来てたので粘る事が出来た。中距離まではこなせる血統なので距離の融通性は勝ち馬よりもあると思う。

3着アリアはスタート一息だったが、ジワッと挽回して中団馬群の中から。3コーナーでは軽く追っ付け気味だったが、4コーナーでスムーズに外へ持ち出し、直線は大外から脚を伸ばして来た。少しモタつくところを見せたが、追って味がある感じで距離もマイルまでならこなせそう。成長力があれば1、2着馬より上に行けそうな気がする。

デルマキセキは並のスタートだったが、行き脚を付けて道中は4番手のイン。折り合いを付けて直線入り口で外へ持ち出し、直線は勝ち馬との追い比べで伸び負けはしたが、この馬なりに脚を伸ばした。早世したスキャットダディ産駒の外国産馬で暫くはスプリント路線のOPクラスで走れそうだが。

パッセは二の脚が付いた事もあって内から2着馬を交わしてハナへ。3コーナーまでは楽な形で逃げられたが、4コーナーで勝ち馬に交わされるとバテない伸びないという感じの流れ込み。スピード力はまあまああるパイロ産駒なのでダートを走らせても面白いかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR