My Favorite Horse Vol.28 ムスカテール

5年前、このコーナーでメイショウトウコンを取り上げ、最後は【GⅠを意識させる産駒の登場を待ち続けている】で締めたが、内心は新潟記念出走を控えてたムスカテールがそうした存在になってほしいという願望もあった。
その新潟記念は1000万上がりの格上挑戦で11番人気の低評価ながら、不利を受けなければ勝ってたかもしれない僅差の5着。着差が着差だけに不利に腹立たしさはあったが、軽ハンデの恩恵があったとはいえ正攻法の立ち回りで通用した点である程度の手応えは感じた。順調に行けば来年はもっと上のクラスで戦えると・・・

コイツはいずれ重賞に手が届く!

贔屓目込みの直感だったが、そう感じたのはムスカテールの2戦目を見た時だった。1番人気だったとはいえ、デビュー戦後の一息入っての休み明けでプラス12キロとやや余裕残しの馬体だったが、正攻法の立ち回りで危なげない勝ちっぷり。
平場とはいえ、新馬から2連勝するトップガン産駒はそういなかったし、新馬戦で負かしたトレンドハンターがフラワーCを勝ってたのもあった(直後の桜花賞も3着)。
更に、腰の甘さが残ってる状態で勝ち切ってるのも直感に拍車を掛けてた。【これで腰がパンとしてくれば、芝でもいけるんじゃないだろうか?】と思わせる印象だった。勢い余って【大佐キター!!】と掲示板に書き込み、その呼び名が最後まで定着したのはご愛敬w

大佐の3戦目がダービートライアルのどれかと知った時は【ひょっとしてひょっとすると!?】と期待したが、プリンシパルSは出遅れが祟って5着。続く白百合Sも出遅れて差し届かずの4着と芝適性を示すまで。
ただ、この2戦は【外来にも漬物石がある】と知らしめたピンナに乗られてたのも大きなマイナスだった。腰の甘さによる出遅れは仕方ないにしても、2戦共工夫のない大外ブン回しとか未だに思い出すだけで胸糞悪くなる。
この2戦以降【大佐には継続して乗ってくれる主戦が必要】と思ったが、最後まで主戦と呼べる騎手は定着しなかった。強いて挙げるなら岩田かウチパクだが、主戦と呼べるまでには至らなかったと思う。
口向きの悪さや手前を替えない点等、主戦を固定すればある程度の矯正は可能だったと思うが、それは叶う事なく、次第に左回り限定でしか走れなくなってしまった。いずれにせよ、身体がまだ出来てなかった3歳秋~4歳夏まで我慢の競馬が続く事になる。

4歳秋に復帰した大佐は新たなパートナーとなったウチパクとのコンビでOP入りを果たし、AR共和国杯で重賞初連対。ビュイックが騎乗した日経新春杯はハンデ差もあってスムーズに立ち回った勝ち馬を捕らえ切れなかったが2着。ウチパクに戻った日経賞は内にモタれながらも3着と3戦連続複勝圏内。
天皇賞・春は大外枠に加えて口向きの悪さ全開(だから主戦を固定しろと(ry)で大敗したが、重賞勝利目前まで力を付けたのは明白。秋に向けて期待値は否応なしに高まって行った。そして、チャクラ、キングトップガンが勝利し、マヤノトップガン産駒にとって相性の良い目黒記念に出走する。

1番人気はダイヤモンドSを勝ち、天皇賞でも4着と好走したアドマイヤラクティ。2番人気は前年のAR共和国杯で大佐を下したルルーシュ、3番人気はメトロポリタンSを勝ってOP入りした元PO馬のカフナで大佐は4番人気。
他にも、大佐に2度先着した因縁のあるカポーティスター、ヒットザターゲット、タッチミーノット、デスペラード等の実績馬が揃ったが、この時の大佐は生涯最高の走りだった。道中は口向きの悪さを見せずに中団後方でじっくりと脚を溜め、直線で馬場のど真ん中へ持ち出し、追い縋るカフナを振り切り、先に抜け出したルルーシュを交わしてのレコード勝ち。逆手前に替わる癖も最後に出た程度だった。
自分の直感が現実のモノになっただけでなく、秋のGⅠ戦線は参加賞で終わるまいという期待を抱かせるに十分なパフォーマンスだった。父の現役の最終目標であり、出走出来なかったジャパンCで一世一代の大仕事をやってのけるんじゃないかと夢見たが・・・それが大佐にとって最初で最後の重賞勝利になるとは夢にも思わなかった。

休み明けのオールカマーは調整不足で右回りだったので仕方ないにしても、AR共和国杯では坂上で失速して8着に沈み、ジャパンC出走は断念。実を取りに行った金鯱賞も目黒記念時の末脚は見られずの6着。
翌年はダートに矛先を向けての二刀流路線を歩むが、初戦の川崎記念こそホッコータルマエから半馬身差の2着に健闘したものの、後は走る度にパフォーマンスを落としてしまう。連覇を期待した目黒記念は直線半ばで不利を受けて消化不良な6着。
初めは【トップガン産駒は終わったと思わせてもうひと山ある】という持論を期待していたが、いつしかその期待も小さくなっていった。7歳春のメトロポリタンSはかなり小粒なメンバーながら【これで見せ場作れなかったら・・・】という弱気な気持ちだったが・・・


・・・俺達の大佐が帰ってキタ━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)`Д´)-_-)冫、 )ノД`)=゚ω゚)━━!!!

2年ぶりに叫んでみたwww

全盛期に戦ってた相手よりも格段に落ちる面子、上がりにしてもメンバー3位と特別切れたわけでもなく、既にGⅠ云々言えるレベルではないのは判っていた。
しかし、先頭でゴールした大佐を見てると【色々あるけど、やっぱり競馬って止めらんねえわ】って心底思った。馬券が当たった外れた、GⅠを勝った負けただけでは語れない競馬の醍醐味を改めて教えられた大事なレースとなった。

その後の大佐は屈腱炎を発症したのもあって二度と先頭でゴールする事はなく、4度目の目黒記念で14着に敗れたのを最後に現役を引退した。
まだトラキチシャチョウがOPにいるとはいえ、GⅠを意識させる産駒は大佐が最後だろう。非社台・非サンデー系内国産種牡馬の雄として2000年代のリーディングサイアートップ20の常連だったマヤノトップガンの最後の大物だったムスカテールよ、本当にお疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR