FC2ブログ

京王杯SC回顧

昨年の弥生賞以来勝ち星から遠ざかり、早熟説も囁かれたサダムパテックが復活の勝利。精彩を欠いた東京新聞杯後に放牧に出してリフレッシュしたのが功を奏したのだろう。合っているとは言い難かった岩田からウィリアムズに乗り替わったのもプラスだったか、久々にこの馬らしい決め手の鋭さを引き出した。ただ、逃げ先行馬が壊滅する展開に恵まれた部分もあり、全幅の信頼を置くのは尚早か。

2着は11番人気の伏兵レオプライム。追い込み脚質が上手くハマった印象だが、昨年まで1000万クラスでもたついていた馬がポンポンと条件戦を連勝しての挑戦で2着・・・押せ押せの勢いもあったが、1400mがこの馬のリズムに合っているのだろう。まぁ、この距離以外でこの決め脚が使えるかは疑問だが。

3着インプレスウィナーはレオプライムより更に人気薄の13番人気だったが、東京1400mで3勝。それも8、6、11番人気という人気薄での勝利・・・今回も激走する下地はあった。基本的にこの条件以外は走らないので、この条件で出走するまで待ちが賢明か。

ストロングリターンは骨折明けの割に馬体は仕上がっていたが、スタートで出負けし、道中は行きたがる素振りを見せて直線も伸び切れず。この辺りは骨折明けの影響だろう。そう考えればまずまずの内容と言える。次は変わって来る気配十分。

ヤマカツハクリュウは得意条件ではあったが、前走に続いて健闘。OP入りしてから苦戦してたが、重賞でも戦える目処は付いた。手頃なOP特別なら勝ち負けだろう。

サンカルロは昨年に続いて1番人気を裏切る惨敗。高松宮記念の反動があったか、この馬らしからぬ4番手からの競馬が合わなかったか・・・いずれにせよ、東京は全く合わなくなってるのは間違いない。

ジョーカプチーノは藤岡康とのコンビ復活だったが、それでもハナに行けず直線も呆気なく失速。ズブさも出て来た感じで、ちょっと万策尽きたような気がする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR