FC2ブログ

新潟大賞典回顧

母ラティールが果たせなかった重賞制覇の悲願は息子の手で。今年に入って地力強化されてたヒットザターゲットが重賞初勝利を飾った。ラチ沿いを走ると集中出来るタイプだけに、最内枠は願ってもない条件。直線も見事に最内がポッカリ空いたのも味方した。フルキチは3年振りの重賞勝利。前にも書いたが、同年代としてはフルキチや柴田大の復活は実に喜ばしいと思う。あとは大将格の小坊主がシャンとすれば良いんだが・・・

2着ダンツホウテイは渋った馬場を見越してか、ここ最近の差し追い込みではなくて2番手からレースを進める積極策。直線入り口で先頭に立ち、最内を突いた勝ち馬には交わされたが、しぶとく粘って2着を死守。吉田豊とは前回が9番人気、今回が11番人気で2着なのだから、よほど手が合うのだろう。良馬場専用と思っていたので、この粘り腰は大誤算。お陰様で箱買いした馬連が1着3着だよorz

3着メイショウカンパクはスタートをもっさり出たので後方からじっくり行く待機策。直線は外に持ち出して2着争いに急追。同じ条件の福島記念も2着だったように、この条件は相性が良いのだろう。馬場が渋ったのも味方した。

ダノンバラードは中団グループの外目で流れに乗ったが、誰が乗っても一瞬しか良い脚を使えないのは相変わらず。長い距離も試したのだから、1度距離短縮でマイルを試すのもアリではないかと思う。

ダノンスパシーバは結果的に内枠が災いしたか、直線は前が壁になって外へ出すタイミングが遅れてしまった。昨年の鳴尾記念から、どうにも歯車が狂いっぱなしである。

スマートギアやトーセンラーはこうした馬場は根本的に合わないので見せ場すらないのは仕方ない。アグネスワルツはもう少し楽に行かせてもらえるかと思ったが、道中から突かれる競馬。これではちょっと厳しい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
67位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR