弥生賞回顧

昨年は人気馬3頭の下馬評に恥じない攻防が見応えあったが、今年は中盤に13秒台が2つ並ぶスロー上がり勝負。勝ちタイムは今の条件で施行されるようになった1984年以降、良馬場限定では最も遅い。皐月賞に直結するかと問われれば微妙と言わざるを得ない。

3すくみの人気馬で唯一期待に応えたカデナ。出たなりのスタートから控えて中団後方。向こう正面で痺れを切らして飛び出したコマノインパルスにつられかけたが、我慢させて折り合いに専念。勝負所からグローブシアターの外に被せて動いて直線で大外。外へ外へとモタれながらも坂上から一気に伸びて逃げ込みを図った2着馬を差し切った。
ドスローでも我慢し切れた点や手頃な頭数とはいえ動きたい時に動ける器用さも実証出来たのは収穫と言えるが、今回も上がり最速だったとはいえ、あのスローでラスト2Fが昨年より遅いのは正直どうなんよ?って思う。本番に直結しにくい内容とはいえ、本番の評価は難しい。

2着マイスタイルは好スタートから行き脚を付けてハナへ。行き切った1~2コーナーから一気にペースを落としてのマイペース。3~4コーナーで並び掛けられたが、直線入り口で振り切って逃げ込みを図ったあわやの2着。
絶妙にペースを落としてロスなく立ち回り、距離をこなさせたノリは流石と言えるが、今回はスタートを決めたのと逃げ馬不在だった事でノリの奇策がハマっただけの印象。元々は逃げ馬ではないし、正攻法で通用するだけの力量は足りてない印象。

3着ダンビュライトは内枠から促して好位集団の中から。前のダイワキャグニーを見ながら馬込みの中で折り合いを付けて脚を溜め、勝負所では動けなかったものの、直線で馬群を割って脚を伸ばして優先権利をもぎ取った。
馬込みの中でも嫌気を出さなかったのは収穫だが、瞬発力があるタイプなら、あの立ち回りであればもう少し際どい勝負に持ち込めただろう。トライアルまでならという印象を覆す内容ではなかった。

ベストアプローチはスタートは出たが、他の馬の行き脚が速かった事もあって中団から。スローペースでもしっかり折り合えてはいたが、ペースが上がったところで置かれたし、4コーナーから直線でスムーズに捌けず。外へ出してから良く伸びたが、3着には僅かに届かず。内枠が仇になった形。

コマノインパルスはスタート一息で後方からの競馬となったが、序盤から折り合いに苦労。スローペースに耐えかねたか、向こう正面で意を決して外目を通って好位にまで進出したが、直線の追い比べではジリジリとしか伸びず。
好位まで上がったところで一旦息を入れてカデナの動きを待ってはみたが、あそこまでヨーイドンの瞬発力勝負ではバゴ産駒のこの馬では如何にも分が悪い。田辺にしては中途半端な騎乗。

グローブシアターはスタートこそ出たが、二の脚が鈍くて追っ付けて前へ。道中の折り合いは付いたが、ペースが上がり出した勝負所から追っ付けても反応が鈍いままで直線も流れ込むだけ。もう少しやれると思ったが、やはり非力なタイプ。現状では軽い馬場向き。

ダイワキャグニーはスタート一息だったが、ゆっくりと出す形で1コーナーまでに2番手に進出。しかし、不安視してたように右回りに戸惑ったか、コーナー毎のコーナリングが雑。スムーズに加速出来ないままスタミナを消耗して直線で敢え無く失速。追い切りではマシだったが、実戦では甘くなかったか。当面は左回り専用機。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
79位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR