京都牝馬S・ダイヤモンドS・小倉大賞典回顧

京都牝馬Sは桜花賞馬レッツゴードンキが約2年ぶりの勝利。3~4コーナーまでジェットスキー状態でかなり行きたがっていたが、直線は一つ前にいた2着馬との追い比べに競り勝った豪快に突き抜けた。
昨年秋から正味20キロ増えてるが、太目感はなくパワーアップしてる印象。スプリント、ダート、マイル・・・路線が定まらない使い方は気に入らないが、力の要る馬場なら脚さえ溜まれば確実に差して来れる。

2着ワンスインナムーンは行き脚が速く、楽な形で好位の外目。道中の行きっぷりも良く、直線で馬場の良い外目へ持ち出し、後ろから脚を伸ばして来た勝ち馬に併せる形。残り1Fで競り落とされたが、3着馬の追撃は抑え切った。
昇級初戦が重賞、距離も1F長い印象で軽視したが、距離を考慮して従来より一列後ろで脚を溜めるスタイルで脚を残す事が出来た。ベストは1200mだが、今後に目処が付く内容。

3着スナッチマインドはスタートから控えて集団の外。道中は他馬と何度かぶつかり、3コーナーでは前に乗っかかりそうになったが、直線は馬群を割る形で脚を伸ばし、2着馬に急追。スムーズに外へ出せなかったロスはあったが、今年は内へモタれる事もなくしっかり脚を使えた。1200~1400mのOPクラスなら今後も。

アットザシーサイドはプラス体重は問題なかったが、内枠が災いして外へ出す事が出来ず終始内々。直線も外へ出すのを諦めて内を突いたが、内が伸びない馬場では流れ込むので精一杯。アルビアーノは太目残りで本調子ではない仕上がり。出負けから挽回して好位に付けたが、道中は馬群の中で揉まれ込んで直線では戦意喪失。

と書いた側からアルビアーノとスナッチマインドが引退。衰えが顕著だったウリウリは兎も角、スナッチマインドは相手次第でチャンスはありそうだったし、アルビアーノは掴みどころがないタイプとはいえ、叩いてこれからと思ってたが・・・むしろ、あの仕上げで使った意味が判らん。


ステイヤーズSはハンデ頭58キロのアルバートが長距離重賞の番人っぷりを如何なく発揮。スタートから控えていつも通りの後方待機策。ペースが上がった勝負所から気合を付け、直線は大外から1頭違う脚色で豪快に突き抜けた。
中盤まで受け流して末脚を温存してたのもあるが、ただ1頭33秒台の上がりをマーク。有馬記念でもメンバー2位の上がりをマークしており、昨年よりも力を付けて来てる。天皇賞でも3連系でなら買えるかも。

2着ラブラドライドはキングルアウにハナを叩かれたが、付かず離れずの位置で2番手から。3コーナーからジワッとプレッシャーを掛けてペースを上げさせ、直線入り口で先頭。勝ち馬には交わされたが、しぶとい二枚腰で2着は確保。
万葉Sも差す形で2着に来たとはいえ、格上挑戦でまぐれは2度続かんだろうと思ったが、逃げ馬をコントロールして自分の持ち味を活かした。軽ハンデの逃げ先行タイプの酒井学でちょっと気にはなっていたがなぁ・・・

3着カフジプリンスは出たなりの競馬で好位から。緩いペースでも折り合って流れに乗れてるかに見えたが、ペースが上がったところで包まれて動く事が出来ず。エンジンが掛かった直線半ばで馬群を割ったが、2着馬も捕まえられず。
京都に比べてマシだったが、ペースが一気に上がった直線入り口ではモタつく反応の悪さは相変わらず。ステイヤーの資質はそれ相応に高いが、緩急の激しい流れに対応出来ないと今後も勝ち切れないレースが続きそう。

プレストウィックは後方に控えて内目に入れる事には成功したが、ペースが遅くて行きたがって前の馬に乗っかかる場面もあった。それでも何とか内ラチ沿いで宥めて脚を溜め、直線は外へ出さずに内を捌いて脚を伸ばした。スムーズさに欠けたが、これで2戦連続掲示板。長距離戦のOPクラスでやれる目処は付いた。

フェイムゲームは相変わらず出脚が鈍くて後方から。道中は折り合いを付けて脚を溜め、3コーナーから外を回って仕掛けようとしたが、勝ち馬に外へ張られそうになって一旦控える形に。直線は馬群を割って脚を伸ばしたが、勝ち馬くらいの脚を使えないと後方からでは厳しい展開だった。

ファタモルガーナはスタートから気合いを付けて好位。最初のスタンド前で外へ持ち出し、向こう正面で先団の後ろに接近。3~4コーナーから早めに動いて行ったが、坂で甘くなって流れ込む程度。帰厩してからの期間が短く、完全に仕上がり切ってなかったようだ。


小倉大賞典はマルターズアポジーが逃げ切り勝ち。出脚の速さでハナを切り、1F11秒台半ばのペースを刻み続けて隊列をバラけさせ、2番手集団がバテた4コーナーでも止まらずペースを維持。ここで出来た貯金を最後まで守り切った。
同型馬が多数揃ってキツい展開になると思ったが、後続の脚を溜める暇を与えないペースを刻む外連味のない逃げがハマった。こうした競馬が出来るなんて、とてもゴスホークケン産駒とは思えんw

2着ヒストリカルはいつも通り序盤は後方から。淀みないペースだったが、いつもよりも行きっぷりが良くて3コーナー手前から外を回って接近。残り1Fで手前を替えるともう一伸びして2着争いを制した。
広いコース向きの実績から小回りに対応出来るかがカギだったが、淀みないペースに対応して終いを活かすスタイルが噛み合った。高齢になってもしぶといのはカンパニーやニューベリーの弟らしい。

3着クラリティスカイは出して行ったが、逃げ先行馬の出脚が速くて中団から。ペースが流れて折り合いも付き、3~4コーナーは内目を回って距離損をなくし、直線も良く伸びたが、終いの決め手の差で2着馬に伸び負け。
序盤で先行勢について行けなかった事が結果として中団で脚を溜められる形となった。自分の競馬は出来なかったが、GⅢクラスでは能力上位。久方ぶりの勝利は近いかも。

ストロングタイタンは好位集団の後ろに付けたが、コーナー毎に窮屈なコーナリングを強いられたし、勝負所で3着馬に絞られてしまい、前にいたマイネルハニーがバテた事で追い出しを待たされるロス。直線はジリジリと伸びては来たが、2着争いに加わるのがやっと。まだ重賞では勝ち切る力が付いてない。

ベルーフはスタートで出遅れて後方から。この馬向きの流れの筈が追走に手一杯で脚を溜める事が出来ずに後方のまま見せ場なし。番手に付けたマイネルハニー、好位に付けたケイティープライドやパドルウィールは勝ち馬のペースを追い掛けてスタミナを消耗。4コーナーで早々と圏外へ去って行った。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR