2017年度新種牡馬~輸入種牡馬編Part4~

モンテロッソ(産駒数65)
父ドバウィ
母ポルトロカ
母父バラシア
主な戦績・・・ドバイWC、キングエドワード7世S

2歳時は1戦0勝。初勝利は3歳1月の3戦目。暫くはハンデ競走で地道に力を付け、キングエドワード7世Sで重賞初勝利。しかし、有力視された愛ダービー4着、独ダービー7着とGⅠでは歯が立たず。続くGⅡ戦も5着に敗れて3歳シーズン終了。
4歳からゴドルフィン所有となり、休み明けを勝った後のドバイWCは人気薄ながら日本馬ワンツーに続く3着。疝痛で残りのシーズンを棒に振ったが、翌年のドバイWCでは2着に3馬身差を付けてのGⅠ初勝利。しかし、再びAWから芝に転じてのエクリプスSは8着に惨敗し、翌年は1戦だけ走って引退。

引退後はダーレーから日本で供用する事が発表され、ヨーロッパ等でGⅠ馬を輩出して人気種牡馬となったドバウィ産駒初の日本供用種牡馬に。
ドバイミレニアムの孫という貴重な血統ではあるが、一発屋に近い実績もあってか、種付料はダーレーとしてはリーズナブルな150万に設定。それでも、初年度から119→94→119と安定した種付け頭数を確保。ストリートセンス、ハードスパンは1年でアメリカに帰国したが、こちらは今年も日本で供用。

父ドバウィはマイル~中距離で無類の強さを誇ったが、僅か1世代の産駒を残して急死したドバイミレニアム(父シーキングザゴールド)の貴重な後継種牡馬。現役時代は愛2000ギニー、ジャック・ル・マロワ賞等GⅠ3勝。
種牡馬入りした当初は並みの評価だったが、初年度からモンテロッソを含めてGⅠ馬を9頭を輩出し、一躍人気種牡馬に。主な産駒にポストポンド(キングジョージ)、アルカジーム(エクリプスS)、ラッキーナイン(香港スプリント)、マクフィ(英2000ギニー、今年から日本で供用)、ニューベイ(仏ダービー)。

交配相手で重賞馬はトシキャンディ。他の注目産駒はシルクフェイマスの半弟、メイショウスザンナの半妹、グランプリボスの姪、アメリカンボスの甥、タガノゲルニカの甥、ベッラレイアの甥、アスカノロマンの近親、スズカドリームの甥、サンツェッペリンの姪、マジカルポケットの甥、モズの姪か。

過去、ドバイWCの勝ち馬は何頭か日本で供用されているが、ヴィクトワールピサを除いて及第点が与えられるのはロージズインメイくらい。AWとダートの違いがあるとはいえ、シルバーチャーム、キャプテンスティーヴ、ムーンバラッドは散発的に地方の重賞馬を出した程度。
ましてや、モンテロッソはドバイWC以外で勝った重賞は12Fと2400m。ラッキーナインが日本遠征で結果を出してるとはいえ、日本競馬のスピードに対応出来るか疑問符が付く。個人的にはダーレー失敗種牡馬の仲間入りしそうな予感しかしない。


これで今年度の新種牡馬紹介を終了します。昨年、一昨年と2月3月まで掲載時期が遅くなったけど、今年は1月以内で全部終われて良かった(`・ω・´)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
79位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR