有馬記念

◎キタサンブラック
○ゴールドアクター
▲サトノダイヤモンド
△サウンズオブアース
△シュヴァルグラン
△アドマイヤデウス

キタサンブラックはまたしても負けなしの1番枠。神ってるどころではない引きの強さに加え、中山は重賞で4戦して2勝3着2回と好相性。ハナを切るしかないマルターズアポジーの存在は厄介だが、京都大賞典でも番手から早め先頭で押し切っており、特に問題はないだろう。モヤで追い切りは見えなかったが、中間は長めから終いを伸ばす形でしっかり乗り込んでる。ピーク時程ではないが、良い意味での平行線。ここまで来たら一蓮托生。

ゴールドアクターはジャパンCでは思わぬ馬体増となったが、今回はその反省も踏まえてか、中間からビッシリ追って最終追い切りも好時計をマークしてメイチの仕上げ。関東圏では前走のジャパンC以外崩れておらず、中山は昨年のこのレースも含めて重賞3勝。あとはジャパンCで積極性を欠いた騎乗に終始した吉田隼人がもう少し積極的に攻めてくれれば・・・あまり攻めすぎてキタサンを潰すのはナシだが。

サトノダイヤモンドは菊花賞を完勝したとはいえ、スピードに特化してる母系から3000mより2500mの方がより力を発揮出来るだろう。皐月賞は3着に敗れたが、この時はダービーから逆算したローテによる休み明けと4角と直線での不利があった。操縦性に優れたタイプで末脚の持続力にも優れており、コーナー6回のコース形態は印象よりも合ってるかも。あとは古馬との力関係がどうか。

サウンズオブアースは京都大賞典→ジャパンC→有馬記念というローテは昨年と同じで中間の調整は坂路主体で乗り込み、最終追い切りはCWで終いを伸ばす調整法も同じ。平たく言えば順調そのものでモヤで確認し辛かったが、ハミを噛むシーンも見られなかった。昨年は勝負所でスムーズさを欠いてクビ差届かず。立ち回り次第で今年も上位争いに持ち込める。

シュヴァルグランは他のジャパンC組よりも中間の本数を多くこなし、1週前にはこの馬としては破格の好時計をマークし、最終追い切りでも最後の部分のみだったが、併走馬を突き放して出来は万全に見えた。ただ、この馬は勝負所でモタつく癖があり、コーナー6回のコース形態は必ずしも合ってるとは言えない。外枠から如何にしてスムーズに立ち回れるか。

アドマイヤデウスは天皇賞からここ一本に絞ったローテで中間は他の有力馬に比べて十分に乗り込んで来た。GⅠでは8戦して全て着外だが、クラシックは本格化前、昨年は暑さにヤラれて暮れまで尾を引いた。秋の天皇賞は距離不足ながら6着に纏めてるし、GⅡ戦ではキタサンブラックやシュヴァルグランと勝負出来てる。GⅡ勝ちがあるコース実績から大穴して抜擢。

馬券は基本に忠実にキタサン軸の馬連と3連複。あと、キタサン1着からの3連単フォーメーションも。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR