カペラS回顧

土曜のチャレンジCに続いてこのレースも前崩れを想定した予想で見事に撃沈。確かにペース速くなったが、それでも前が止まらなければどうしようもないわけで。

展開面で厳しいと思ってたノボバカラ。ダッシュは決して速くなかったが、二の脚を利かせて先手を主張。行き切った後は楽なペースではなかったものの、絡まれる事なく自分のリズムで逃げられ、直線で手前を替えてから追い出されると最後まで止まらず逃げ切った。
最内枠を引いた以上、包まれるのを嫌って前を主張するしかなく、そうなると否応なしに先行争いに巻き込まれると思ったのだが、結果として腹を括っての積極策となり、自分の型に持ち込んだ走りに繋がった。

2着ニシケンモノノフは出たなりの競馬で道中は中団の外目。揉まれる事のない位置で流れに乗って脚を溜め、4コーナーから進出を開始。直線は大外から良い脚を使って追い込んで来たが、勝ち馬を捕らえるまでには至らず。
プラス9キロも許容範囲だったし、1200m戦も序盤を急がせずに脚を溜めれたので対応出来た。ただ、自分の型に持ち込んだ勝ち馬が一枚上手だった。本質的には1400mベストだが、1200mでも問題ないだろう。

3着コーリンベリーは出脚は速かったが、共倒れを嫌ってか、道中は控えて好位4、5番手の外目。3コーナーから気合を付けて動いて行ったが、直線での伸びはもう一息。2着馬にも後ろから交わされ、辛うじて3着に上がるのがやっと。
牝馬で56キロを背負ってたのも微妙に堪えた感じだが、変に好位で脚を溜めるよりは行き切った方が良かったのかもしれない。

ゴーイングパワーは二の脚を利かせて道中は好位4番手のイン。4コーナーのコーナリングで2番手に上がり、直線は逃げる勝ち馬を追ったが、坂上で甘くなって2、3着馬に交わされた。とはいえ、4年ぶりの重賞挑戦で内枠を活かしたロスのない立ち回りは出来た。

タールタンはスタートは五分だったが、芝の部分で少しゴチャ付いて後方から。3コーナーで一旦内へ入れて脚を溜め、4コーナーで外へ。ただ、一旦脚を溜めた割には直線はジリジリとしか伸びず。序盤に後手を踏んだのもあるが、やはりベストは1400mで1200mは少し忙しい。

グレープブランデーはスタートで出遅れて最後方。こうなると腹を括っての直線勝負しかなく、3コーナーまで脚を溜めて4コーナーで外へ出そうとしたが、マキャヴィティに外から被せされたのでやむなく内へ。この馬なりに伸びて来たが、スタートと4コーナーでスムーズさを欠いたのが響いた。

ダート転向初戦のエイシンブルズアイは中団外目からレースを進めたが、勝負所から追っ付け気味の手応えで直線もバテない切れない感じで流れ込む程度。適性がないわけではなさそうだが、もう少し時間が掛かるかも。キタサンミカヅキはグレープブランデーと同様に出遅れてしまい、流れに乗り切れないまま回って来ただけ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR