京都2歳S回顧

メンバー中唯一のディープインパクト産駒カデナがキンカメ産駒でエアグルーヴの孫ヴァナヘイムを撃破。今年の2歳勢は夏葉はスロースターター気味だったが、何だかんだで2歳リーディング2位に浮上。2年ぶりの首位奪還へ向けて猛チャージ中。

スタートは五分に出たが、序盤は控えて後方で折り合いに専念。向こう正面で集団の外目へ持ち出し、いつでも動ける構え。4コーナーで人気のヴァナヘイムの後ろに取り付き、直線はこれを目標に末脚を繰り出して差し切った。
適度に時計が掛かる馬場とはいえ、京都の軽い馬場で如何にもディープ産駒らしい切れ味を披露。半兄に京王杯SCを勝ったスズカコーズウェイがいるが、脚さえ溜まれば2000mまでは普通に持ちそう。あとは締まった流れへの対応力があるかどうか。

2着ヴァナヘイムはスタートでやや煽ったが、すぐに挽回して中団から。序盤は少し行きたがったが、前に馬を置いて何とか宥めての追走。4コーナーで先団を射程内に入れ、直線は内へ切れ込みながら先頭に立ったが、狙い澄ました勝ち馬の末脚に屈した。
結果論だが、仕掛けるのをワンテンポ遅らせても良かったように思う。まぁ騎乗停止となった浜中の代打がシュタルケではこの程度だろう。本賞金を加算出来た点だけが収穫らしい収穫。

3着ベストアプローチは序盤は無理せず、中団で脚を溜める競馬。ただ、勝負所でのペースアップでズブさを見せたし、直線半ばでは前のゴチャ付きの煽りを受けて立ち上がる不利。それでも立て直してからしっかり脚を伸ばした。
勝負所からモタついたとはいえ、新馬勝ち後の重賞出走を鑑みれば良く走ったと言える。スパッと切れる脚はないが、なかなかしぶとい走り。それなりに奥がありそう。

プラチナヴォイスはスタートからジワッと前に行って道中は3番手。流れに乗れているかに見えたが、4コーナーでは萩Sで下した2着馬に先に動かれたし、直線半ばで内外から絞られる不利もあって流れ込む程度。レース前に入れ込んでスタミナを消耗したらしいが、距離も微妙に長かったか。

ダノンディスタンスは二の脚が鈍て道中は最後方。極端に緩んだ中盤以降のペースに全く付いて行く事が出来ずに追っ付けながらの追走に終始し、直線はバテた馬を交わす程度。デビュー戦で3代目ヒシマサルを破ったが、重賞クラスではスピード負け。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
106位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR