サウジアラビアロイヤルC回顧

一昔前は買い漁った高額馬がコケ続けてネタ馬主扱いされてたトーセンの島川隆哉氏だが、昨年は自家生産馬のブレイブスマッシュが勝ち、今年は270万の安馬でこのレースを連覇。これがあるから競馬が先が読めないし面白いと言える。

てっきりドリームジャーニー産駒と思ってたら、バトルプラン産駒だったブレスジャーニー。スタートはそれ程速くなかったのもあったが、あまり急がすせずに道中は後方3番手。4コーナーから動いて集団の外へ出し、直線は坂からグイグイ伸びて2着馬との追い比べを制した。
前半は控えてじっくりと脚を溜めたのもあるが、後半の切れと持久力が問われる流れでもしっかり脚を使えている。面子のレベル自体はそれ程高いとは思えないので評判馬がある程度出揃った時が試金石となるが、マイルならそれ相応に走れるのではないだろうか?

2着ダンビュライトは勝ち馬の一つ前でレースを進めたが、道中をある程度受け流して脚を溜めるスタイルは勝ち馬と同じ。4コーナーでは勝ち馬に先んじて外目に持ち出し、坂下まで追い出しを待つ余裕があったが、追い出されると内にモタれて勝ち馬との追い比べで競り負け。
途中までは勝ち馬よりも良い感じだったが、ルメールのコメントだと他馬を怖がってしまって内へモタれたとか。良いモノは持ってるが、気性面がまだまだ子供。しかしまぁ、ルーラーシップはここまでは確実に結果を出してるな。俺のPO馬オフィーリアは殿負けだったけど(´・ω・`)

3着クライムメジャーはスタートからハナを切ろうかという構えだったが、外のサクセスムーンが譲らなかったので控えて3番手。勝負所でウィンドライジズが被せて来たのに合わせて動き、直線半ばで一旦は先頭に立ったが、脚を溜めてた1、2着馬に一気に交わされてしまった。
(1、2着馬も同じだが)休み明けで少し行きたがった分、直線では少し止まる形となったが、レースを引っ張った2頭がブービーと殿に潰れた点を鑑みれば粘ったと見做すべきか。

ウィンドライジズはスタートから追っ付けて行ったが、前を取れずに中団から。道中も気合を付けながらの追走だったが、3~4コーナーで人気のクライムメジャーに被せるようにして先団に取り付き、直線もしぶとく踏ん張ったが、最後は決め手の差が出た形。小回りコースの方が向いてる印象。つーか、これで木幡Jr2号は戒告とか意味不明。更に言えばルメールは戒告だけで過怠金がないのはもっと意味不明。

ルメール(一応木幡Jr2号も)の斜行をモロに受けた被害馬のロジムーン。道中は行きたがるのを宥めながら中団のインを立ち回り、直線はクライムメジャーとウィンドライジズの間から脚を伸ばして伸びようかという場面で不利を被って戦意喪失。勢いでは1、2着馬に劣ってたが、それでもマトモであれば3着はあっただろう。これが尾を引かなければ良いが。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR