七夕賞回顧

言い訳になってしまうが、稍重開催で時折雨が降ってた土曜の天候から「日曜は良に回復したとしても時間が掛かるだろう」と考えて予想したのだが・・・朝っぱらから良に回復。通勤途中に確認して「ゲッ、良馬場かよ!?」と呻いたが、時既に遅し。
良馬場なら押さえなくてはならないダコールなど当然無印で「ダコールが来て外れたら嫌すぎるな」と嫌な予感はしたが、そうした予感は往々にして当たるもの。休日出勤だからといって、こうした馬場の傾向が読みづらい時に最終確認をしないまま買うものではないとつくづく。

近走の位置取りから、小回りの福島で後方から上手く馬群を捌けるかがカギと思われたアルバートドック。しかし、スタートを出ると(むしろ速い方)中団馬群に付け、集団がバラけた3~4コーナーで上手く外へ出してスパート。直線は内へモタれていたが、立て直して逃げ込みを図ったクリールカイザーを交わし、2着馬の追撃も凌いだ。
スタートが良かったのもあるが、無理のない形でこれまでより前目に付けた戸崎は流石に今乗れているだけの事はある。こうした競馬が今後も出来るようなら成績はもっと安定してくるだろう。

2着ダコールはこの馬なりに行き脚を付けて集団後方のインに付けて、3コーナーまで動かず。中盤までペースが緩まなかった事で消耗戦の様相となって集団がバラけると、器用に馬群を捌いて先に抜け出した勝ち馬を追う形で脚を伸ばしたが、僅かに届かず。
ハンデ58キロは背負い慣れてるし、淀みないペースで上がりの掛かる展開になってスムーズに追いあげる事も出来た。あと、予想以上に馬場の回復が早かったのも幸い。馬場さえ回復すれば、今回よりもう少し上のレベルと戦って来た地力で上位に来れるのは必然。

3着オリオンザサンクスはスタートもそれ程良くなかったが、最初から行く気もなくて後方に下げてのインペタ。勝負所で各馬が外へ回す中、内目からスルスル上がって行って直線で外へ。最後までしっかり伸びてゴール寸前で3着に浮上。
53キロの軽ハンデ、ダート暮らしが長くて荒れかけた内ラチ沿いの馬場を苦にしなかった点、前半に無理をしなかった事で消耗戦となっても余力が残ってた事で健闘したが、本質的には小回りよりも広いコースの方が良いだろう。

マイネルラクリマは斤量を背負っていたのと以前より先行力がなくなっているのか、気合を付けて好位集団をキープ。道中は一貫してインを立ち回り、直線も内を突いて脚を伸ばしたが、ゴール寸前で3着馬に差された。元々道悪巧者なのもあって馬場を気にせず経済コースを立ち回れたのも功を奏して善戦したが、現状ではこれが精一杯だろう。

クリールカイザーはジワッと前へ行かせてコーナリングで3番手に浮上。3コーナー手前から徐々に差を詰めに行き、4コーナーでメイショウナルトを交わして先頭。そのまま逃げ込みを図ったが、鈴を付けに行ったツケが最後に出て後続に捕まった。この馬とステラウインドのどちらを入れるか迷って切っただけに、最後に捕まってホッとしたというか、やはり人気薄の田辺は良い意味で何をやってくるか判らない怖さがある。

バーディーイーグルは集団の最後尾に付け、3コーナーから外へ持ち出して動いて行ったが、縦長にバラけ出してたのもあって思うように差を詰められず。直線もジリジリとしか伸びずに流れ込む程度。淀みないペースだったのもあるが、小回りは少し忙しい感じ。

ルミナスウォリアーはスタートから出して行ったが、付いて行けずに道中は後方から。3コーナーから外を回って追い上げを図ったが、前にいたバーディーイーグルに終始張られる形だったし、行きっぷりも今一つ。追い切りの段階から「これは養分」と思っていたし、休み明けで本調子になかったようだ。

最終的に1番人気に支持されたシャイニープリンスだが、大外枠から出して行ったものの、他の馬の行き脚も速くていつもより一つ後ろの位置取り。外を回らされたのもあってか、各馬が動き出した勝負所で付いて行けなくなって脱落。

ヤマニンボワラクテは休み明けなのにデビュー以来最低の馬体重。2走前の福島でも14キロ減ってたように、輸送で減らしたのか判らないが、本調子を欠いてたのは付いて行けなくなった勝負所の動きで明らか。これは藤懸云々の問題以前だった。

メイショウナルトとステラウインドは完全に集中力が切れてしまった感じ。これで踏ん切りが付いたというか、もう出走してきても買う事はないだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

前半のペースが早過ぎました。津村騎手がメイショウナルトを御せなかったのか作戦かはわかりませんが、スローペース荒れ馬場想定での予想でしたので完全に的外れでした。ただ先行馬には厳しい流れで

結果的にはマーティンボロは先行して脚を貯めれなかったのが仇になりましたが、

一瞬勝てるかなと思う見せ場あり、
鮫島騎手の積極的な騎乗は良かったと思います。

クリールカイザーも負けましたが復活を感じさせる好走。
ラクリマは評価難しく、福島だから好走出来たのかな?
戸崎騎手はとにかく乗れてます。ダコールはハンデ一番不利だと思いますがこのメンバーなら力は上でした。

横山騎手予測はしてましたが、理由が推測出来ない不可解なポツン騎乗でした。

Re: タイトルなし

ノリはスタート次第で前へ行く作戦だったようですが、出て行かなかった事であの後方ポツンになったようです。途中からはモタれる悪癖を出して前に行く以前の問題となりましたが。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR