マーベラスサンデー死す・・・さらば、我が最高の名馬の好敵手

マヤノトップガンの魅力について一晩語り合う事が出来た学生時代、宿敵とも呼べる存在だったサクラローレルに対しては少々拗らせすぎた結果、サクラ軍団そのもののアンチとなって数年馬券を買わなくなるくらいの敵愾心を抱いていたが(今は普通に買うよw)、マーベラスサンデーに対しては好敵手と書いて「友」と読むというか、勝手に打倒ローレルの盟友という扱いをしてて何となく親近感を持っていた。
サンデー産駒としては珍しい栃栗毛、社台のライバル的な存在だった早田牧場産で赤いメンコにピンクと紫の勝負服と、食傷気味になりつつあった(その内、慣れてしまったが)社台産&勝負服ではなかったのも良かったのかもしれない。

とはいえ、サンデー産駒の遅れてきた大物として連勝を重ねてた頃のマーベラスにはあまり注目してなかった。この当時は【ソラを使う】の意味をまだ良く判っておらず、ビワ・ブライアン世代の生き残りだったマイヨジョンヌやスターマンに詰め寄られた函館記念や朝日CCは「連勝してるけど、ただそれだけって感じだよな」とすら思ってた。
それが「勝ち方は地味だが、この馬相当強いぞ」という思いに変わったのは京都大賞典だった。ダンスパートナーやミナモトマリノスら数頭が必死こいて追ってるのに、先頭に立ったところで「ハイ終わり」という感じの勝ち方は強烈な印象を残した。同時に「ソラを使うってこういう事なのか」と理解した1戦でもあったw

そんな強いマーベラスがどう乗っても勝てなかったのがローレルでありトップガンだった。特にローレルは憎たらしいくらいの強さを誇っており、従来のスタイルで通用しなかった天皇賞・秋の後で豊がどう乗って負かしてやろうかとレース毎にスタイルを変えて乗っていたのも見応えがあった。有馬はトップガンを潰しての早め先頭、天皇賞・春はローレル徹底マーク・・・勝てはしなかったが、実力が拮抗してる強豪同士がガチで力比べをする古き良き時代の競馬がそこにあった。
そして、トップガン・ローレルが不在の時でもキッチリ実力を発揮したのもなんか良かった。悲願のGⅠ初勝利となった宝塚記念(ガレてたバブルガムフェローの底力にビビったが)やゴール寸前で差されたとはいえ、骨折休養明けでエアグルーヴを競り落とした有馬記念は3強の意地を垣間見せた。

輪乗りの最中に小便をするとか、大阪杯のゴール前で座布団を放り投げたバカに豊がぶち切れたとか、96年の有馬記念の後に日経新春杯に登録してハンデ60.5が課せられたので回避してフェブラリーS出走プランがあったとか、外野では色々ネタ話があったけど、本命党にしてみれば実にありがたい安定感抜群の優等生タイプの名馬だった。

種牡馬となってからはキングジョイ、マーベラスカイザーと2頭の中山大障害馬を出し、シルクフェイマス、ネヴァブション、スマートギア等の重賞馬を輩出。後継種牡馬には恵まれなかったが、この分野でもトップガンと鎬を削った良いライバルだった。
シルクフェイマスは宝塚記念や有馬記念で馬券を取らせてもらったし、ネヴァブションも中山ではしばしば買わせてもらった。熊沢の悲願を叶えてくれたマーベラスカイザー、サイレンスボーイ、センカク、ハイヤーザンヘブン辺りも印象深い。地方馬でもラヴァリーフリッグ、セレン、ロックハンドスターは印象に残ってる。

24歳で老衰・・・まだまだ長生きしてほしかったし、遂にこの世代から老衰で死ぬ馬が出た事に軽くショックを抱いてしまった。ましてや、それがマーベラスとなると尚更。トップガンやローレルはマーベラスの分まで長生きしてほしい。
マーベラスよ、安らかに眠ってくれm(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
79位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR