函館スプリントS回顧

何処からでも入れるし、何処から入っても抜けがありそうな面子に加え、どれもこれも程々の人気で旨味がない。半ば無理があるのを承知でエポワスの複勝で行ったが、中団から直線でそれなりに伸びたが勝負に絡めずの5着が精一杯。前半でもう少し良い位置を取れていればだが、8歳馬にとってレコード決着は速すぎたか。ただ、洋芝で変わり身は見せたのでキーンランドCに出るなら押さえで一考。

何処からでも入れると書いたが、これは要らないと思ってたソルヴェイグ。大外からロケットスタートを決めると、押してハナを取りに行ったローレルベローチェの番手を苦もなくキープ。4コーナーで早々と並び掛けて直線入り口で先頭。一旦は内を突いた2着馬に交わされたが、ゴール寸前で差し返した。
50キロの軽量とはいえ、ロケットスタートから気合も付けずにローレルベローチェに付いて行けたのは予想外。アイビスSDと違い、3歳牝馬はこのレースは相性が良いと思えなかったが、まさかのレコード勝ちとは2度ビックリ。良馬場であればキーンランドCも有力候補だろう。

2着シュウジはまずまずのスタートから抑え切れない勢いで好位の一角へ。行きたがるのは相変わらずだったが、この馬としてはまだ我慢出来てる方だったし、4コーナーでの手応えも抜群。直線で勝ち馬の内を突いて一旦は抜け出したが、首の上げ下げで僅かに競り負け。
距離短縮で2歳戦から完成されつつあったスプリンターの資質を見せたが、その行きたがる気性は最早1400mですら長いレベル。今回は内枠で我慢出来た部類だが、外枠を引けば一発ですっ飛んで行きそうな危なっかしさがある。

3着レッツゴードンキはスタートはそれ程速くなかったが、二の脚を利かせて挽回して中団のイン。折り合いもスムーズで流れに乗ると、直線は内を突いた2着馬の更に内を突いて伸びて来たが、最後は脚色が同じになって競り合いには加われず。
最内を引いた時点で揉まれて終わりと思ったが、上手い具合に内のポケットに入って揉まれ込む形にならなかったのが幸い。阪急杯では折り合えたし、高松宮記念でもそれなりに走れてた。スプリント路線で息を吹き返せるかも。

アクティブミノルは出して行ったが、外のローレルベローチェが速いと見るや、切り替えて好位に控える競馬。折り合いも付いて4コーナーでの手応えも余力十分。直線でもしぶとく脚を伸ばしたが、この馬にとってレコード決着は速すぎた。とはいえ、好位抜け出しの競馬が板に付いてきており、洋芝や時計の掛かる馬場であれば安定して走れて来そう。

オメガヴェンデッタは少し出す形で中団からの競馬。ソツなく流れに乗って直線での外への持ち出しもスムーズだったが、直線は手応えの割に伸びがなくて流れ込む程度。押し出される形で1番人気に支持されたが、この馬にとって時計が速すぎたし、この距離だと追走に少し忙しい印象。ベストは時計の掛かる1400mか。

オデュッセウスは中団後方のインで折り合っていたが、勝負所では包まれる形となって動くに動けず。直線は内を突いてそれなりに伸びては来たが、溜めた割にピリッとした脚は使えず。使って行けば1200mでもしっかり対応出来そうだが、能力自体は早熟なのかそうではないのか判別し難い。

ティーハーフは後方4番手で脚を溜め、勝負所で捲り気味に好位集団の外目にまで進出したところで昨年の再現なるかに思えたが、そこから伸び切れず。この馬もレコード決着は不向きなクチ。ローレルベローチェはハナを切って自分の競馬は出来たが、4コーナーで勝ち馬に来られて交わされるとパタッと止まった。普段は坂路調整なのに、滞在競馬でコース追い主体の調整が合わなかったか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
106位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR