鳴尾記念回顧

第二のラブリーデイとはならず。キンカメ産駒で中山金杯を勝利。連勝が止まった後、仕切り直して宝塚記念の前哨戦に出走と何となくキャラがラブリーデイと被ってるように思えたヤマカツエースだが、レコード決着に対応出来ずに6着。

引っ掛かるとまではいかなくとも、最初のスタンド前では少し力んだ状態で前へ。1~2コーナーで折り合いが付き、前のサトノノブレスを見ながら好位でレースを進め、勝負所で2番手集団の一角と勝ちパターンに持ち込んだが、直線では追われてサッパリ伸びず。
休み明けでも仕上がっていたし、少し力んだとはいえ流れに乗れていたのだが、2000mの持ち時計が1分59秒台しかなかったこの馬にとって1分57秒台のレコード決着は厳しかったか。これより上のクラスでは正攻法よりもう少し溜めた方が良いかも。

サトノノブレスはゲートは甘かったが、そこから押して好位に取り付いた後は流れに乗れた。ヤマカツエースと共に勝負所で2番手集団に進出した時の手応えは余力十分。直線半ばで抜け出し、ゴール前で詰められはしたが危なげなく押し切った。
10キロ絞れてたのもあって、スタートは兎も角、道中の行きっぷりも良かったし、58キロで勝っているこの馬にとって56キロは如何にも軽かったか。中京とはいえレコード決着の2着があったし、時計勝負に対応出来る下地はあったか。

2着ステファノスはスタートからジワッと行かせて中団から。向こう正面からヤマカツマークでこれの動きに合わせて好位に進出。直線で伸びあぐねるヤマカツを尻目にしっかり脚を伸ばして勝ち馬にクビ差迫ったところがゴール。
久々の480キロ台の出走だったように幾分余裕はあったが、入念に乗り込まれて動ける態勢だった。叩き良化型のこの馬にとって合格点を与えられる内容。あと1F距離が延びてどうかだが、人気の盲点となりそうなタイプだけに宝塚記念でも注意すべき存在。

3着プランスぺスカはスタートしてすぐ内ラチ沿いに張り付き、好位のポケットでコースロスのない立ち回り。直線で勝ち馬の外へ出してポッカリ空いたスペースから脚を伸ばして一旦は2番手に上がってあわやのシーン。ロスのない競馬だったとはいえ、2400m前後が主戦場のこの馬が2000mのレコード決着に対応出来たのは驚き。

パッションダンスはスタートからジワッと出して行き脚が付き、2コーナーで単独の2番手に浮上。そのままメイショウナルトを見ながら流れに乗れたが、勝負所で勝ち馬に被せられてから反応が鈍くなり、直線はバテない切れないで2、3着馬にも差し込まれた。淀みないペースではあったが、勝ち馬も好位でレースを進めており、もう少し格好を付けられた筈だが?

マジェスティハーツはスタートからジワッと下げて道中は後方で脚を溜める競馬。3コーナーから徐々に動いて行き、4コーナーでは2着馬の後ろにまで進出。直線はいつものモタれ癖を出してスパッと切れなかったが、久々にこの馬らしい脚を使えた。阪神と相性が良いのもあるが、夏場は走る傾向。ハマれば昨年の様に穴を空けても。

メイショウナルトは最内から注文通りハナを切って単騎逃げ。切符良く逃げていたが、逆に自身の息も入らないペースを刻んでしまい、更に4コーナーで2番手集団が殺到。残り300mを切ったところで勝ち馬に交わされると踏ん張れず。行きっぷりの良さが仇となったが、ここから変わって来そうな雰囲気もあった。もう1戦までなら狙ってみたい。

薄々気付いてる人もいるかもだが、最近は何だかんだで調子が良いので上限を取っ払って馬券を買っていたが、当たらねば砂上の楼閣。宝塚記念は兎も角、また暫くは上限を守って慎ましく馬券を買う事にする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR