中山グランドジャンプ回顧

昨年の中山大障害で先着を許したアップトゥデイトとエイコーンパスが不在、今年緒戦を5馬身差の快勝、単騎逃げ濃厚な組み合わせとくればサナシオンが普通に押し切れると思っていたが・・・

蓋を開けてみれば、中盤からブライトボーイに執拗にプレッシャーを掛けられ続け、更に何度か飛越の踏み切りが近い場面もあってスタミナを消耗。最後の障害を飛んだところで一旦は押し切れるかに見えたが、坂で完全に脚が上がって狙い澄ましてた勝ち馬に捕らえられた。
2着に踏ん張って能力の高さは示したものの、競り掛けられて最後に力尽きるという中山大障害と同じ負けパターン。逃げ馬故の宿命と言えばそれまでだが、流石にGⅠでは簡単に逃げさせてもらえない。

サナシオンとブライトボーイのやり合いを離れた3番手で虎視眈々と窺っていたオジュウチョウサン。スタートが安定しないところがあるが、今回はゲートを上手く出て早い段階で前目の良いポジションを取れたのが大きかった。
3コーナーから満を持して差を詰めに掛かって4コーナーで2番手に上がり、坂上で力尽きた2着馬を捕まえた。漁夫の利を得たのは否めないが、前走からメンコの耳の部分を外してるらしく、走りに安定感が出たのも確か。

3着メイショウアラワシは前半は後方に控えてスタミナを温存。大障害コースは初めてだったが、大竹柵や大生け垣での飛越は安定。勝負所から動いて行くところでも一貫して内々を立ち回り、前から離されはしたが3着争いを頭一つ抜け出して制した。前走で減った馬体も戻っていたし、前走で中山を経験出来てたのも大きかった。

ワンダフルワールドは出脚が良すぎて序盤は2、3番手。そこから徐々に控えて下がって中団のインに付けて脚を溜めるいつものスタイル。バンケットを過ぎて外回りに入ったところから動き出して最終障害を飛んだところで3番手に上がったが、最後はスタミナが切れて内外から差し込まれた。もう少しスタミナの強化が必要か。

ブライトボーイは前半はサナシオンからやや離れた番手を追走。しかし、中盤からプレッシャーを掛けに行っての徹底マークに切り替える積極策。しかし、4コーナー手前でスタミナが切れて勝ち馬に交わされ、最終障害で躓いて歩様が乱れて逆噴射。中山では安定してたが故の正攻法で攻めたが、これが裏目に出た形。

馬券はあまりにも馬連が付かなさすぎて3連複で行ったのが失敗。これなら相手を1頭に決めて馬連一本でも良かった気がするが、勝ち馬は4番手の評価だったのでどちらにしろ外れだった公算が高い(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
79位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR