真田丸挫折のついでに太平記を再評価してみる

初回で期待値が著しく低下したが、三谷幸喜の脚本の軽さにはどうにか慣れた。年齢的に無理がある堺雅人やコントにしか見えない大泉洋もまだ許せる。しかし・・・

真田丸だめでしょう

いやね、空気の読めないトラブルメーカーとなってる長澤まさみの役どころが生理的に受け付けない。今後、これが正妻となってしゃしゃり出る回数が増えると思うと耐えられない。尤も、長澤に限らず今回の女性陣のウザさは目に余るが。
前回で一区切りついたし、大阪編でも改善されるとは思えないので真田丸視聴はここでギブアップ。そういや、天地人の時も挫折したきっかけが長澤だったような気がする(原作と脚本も相当なゴミだったが)

その一方、武田信玄がアンコールという形でBSで放送が始まった。今にして思えば、突っ込みどころがないわけではないが、俺の中で独眼竜政宗と双璧を成す大河だけに口直しには丁度良い。あの重厚感は間違っても「黙れ小童ー!」というギャグめいた一喝でやり取りが終わるホームドラマめいた大河では到底出せない。

さて、本題の太平記である。太平記は1991年に足利尊氏を主人公とし、鎌倉幕府滅亡~南北朝初期を扱ってる第29作目の大河ドラマだ。
この時代は南朝と北朝のどちらに正統性を置くかとか、天皇が政治に強く関わってきたり、人間関係(特に観応の擾乱期)の複雑怪奇さからドラマ化するのが難解な時代だ。事実、太平記以降はこの時代を扱ったドラマは俺の知る限り存在しない。

キャスティングは尊氏役の真田広之を筆頭に沢口靖子、高嶋政伸、陣内孝則、宮沢りえ、柳葉敏郎、本木雅弘と当時人気があった(今も一線級で活躍してるが)若い俳優が名を連ねたが、所謂トレンディドラマの常連で固められてたので【トレンディ大河】とも揶揄された。
忠臣の印象が強かった楠木正成役が武田鉄矢と知った時は「金八先生みたいな正成って嫌すぎる」と思ったり、ひょうきん族の印象が強かった片岡鶴太郎にも「芝居出来るんだろうか?」と思ったりして、放送開始前はあまり期待してなかったが・・・

意外と言っては何だが、結構面白かった。前述の金八正成も普段は単なる気のいいおっさんだが、ここぞという場面で手腕を発揮して意外にしっくり感じたし(参内時の髪型がサ○ーちゃんのパパに見えなくもなかったw)、暗愚だけど根っからの馬鹿ではない鶴太郎高時も良かった。つーか、脚本と演出が良かったのか、主役脇役を問わず俳優陣の怪演が神懸かっていた。
尊氏役の真田広之は二枚目過ぎにも思えたが、誰からも好かれる好人物故に優柔不断で悩める主人公を完璧に演じ切ってたし、実務能力はポンコツの理想主義者で世の中を混沌とさせながらも圧倒的なカリスマ性を備えてた片岡孝夫の後醍醐帝も神々しい印象だった。
ばさら大名の佐々木道誉役とはいえ、軽薄に近いノリの軽い印象が不安だった陣内孝則も全体的に重苦しくなりがちな物語を中和するのに一役買った。余りにも直情的過ぎた高嶋政伸の直義も、その愚直さ故に尊氏とすれ違うようになったのかと思えばしっくり来た。最終回で尊氏が直義を毒殺するシーンは前半戦の北条一門が自害するシーンに匹敵する名場面。
緒形拳は相変わらずシブかったし、息子役の西岡徳馬が霞んで見えるくらいの悪役たる悪役だったフランキー堺、能面のような表情で独特の存在感を発揮した榎本明、一癖もふた癖もありそうな腹の読めない近藤正臣、「シュタッ」という擬音が合いそうな尊氏の忠犬的なポジの大地康雄辺りは特に印象深い。
名も無き民の声を代弁する役どころだったましらの石の突然のフェードアウト、尊氏の息子義詮が単細胞なボンクラ扱い、美少年と言われた北畠顕家の人物像に近付けるべく抜擢したゴクミの台詞が棒だったのは不満だが、それ以外は概ね良かった。

ドラマ化するにあたって「時期尚早」と紆余曲折があったようだが、あれから25年経っても南北朝期を扱ったドラマが作られていない事を考えれば、制作に踏み切った判断は英断だったと思う。

つーか、何番煎じか判らなくなってる女性主人公とかホームドラマを強調しすぎた大河を作るくらいなら、もう一回くらい南北朝期を扱った大河ドラマを作ってくれないものだろうか?
個人的には北方謙三の武王の門を原作にして作れば良いんじゃないかと思う。親王が主人公だと色々と面倒くさくなりそうだから、懐良親王ではなく菊池武光を主人公にして。

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

さすがです

高師直どんぴしゃでしたね。
新田義貞もなかなかだった。

太平記の時代の大河なら今川貞世かな。戦国時代なら立花宗茂所望

此処では初めましてw

ショーケンが降板しなかったら、義貞のイメージはどうなっていたかなあと思ってみたり。
あと、上の人間に媚びて下の人間を貶める腐り切った憎たらしい役どころの藤木孝も流石w
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR