2015地方リーディングサイアー1~10位

10位ワイルドラッシュ
勝ち馬頭数63
勝利数134
交流重賞0
勝ち馬率0.504
EI1.40

大晦日にジャルディーノがおおとりオープンを勝ったワイルドラッシュが土壇場でクリスエスを逆転して2年ぶりの返り咲き。
長らく南関所属で中央馬と渡り合ったナイキマドリードは引退したが、2歳馬からゴールドジュニアを勝ったラクテが出現。南関でジャルディーノやタマモホルンが地道に賞金を稼げれば。


9位フレンチデピュティ
勝ち馬頭数53
勝利数118
交流重賞2
勝ち馬率0.589
EI2.19

東京大賞典でサウンドトゥルーが世代交代を印象付けたフレンチデピュティが自己最高位を更新してトップ10入り。
交流重賞で絶対的な主役を張れる大砲の破壊力をまざまざと見せ付けたわけだが、今年は交流重賞路線を歩むようだし、今年もランクインは確実か。


8位スズカマンボ
勝ち馬頭数58
勝利数144
交流重賞4
勝ち馬率0.598
EI2.18

チャンピオンズCまでぶっこ抜いたサンビスタ、ユーロビート、ピッチシフター、サンバビーンと交流重賞の活躍が効いて2年連続ランクイン。
しかし、サンビスタとピッチシフターは引退。ユーロビートは中央馬相手には苦しくなっており、ランク維持は新たな産駒の台頭待ちか。


7位パイロ
勝ち馬頭数46
勝利数99
交流重賞1
勝ち馬率0.500
EI2.35

ポッドガイの全日本2歳優駿出走取消は痛かったが、スズカマンボとのデッドヒートを制したパイロが42位から大躍進。
インディウムが夏から音沙汰なくなってるのは気掛かりだが、短距離のシゲルカガに加えてポッドガイとオーマイガイが交流重賞に顔を出してくれば、ランク維持は十分可能だが。


6位ロージズインメイ
勝ち馬頭数86
勝利数207
交流重賞1
勝ち馬率0.541
EI1.38

サミットストーンが浦和記念、ドリームバレンチノが兵庫GTで2着に入り、ロージズインメイがパイロとスズカマンボを抜き去った。
初の年間200勝を達成し、ドリームバレンチノは今年も現役続行。産駒数が増加に転じており、数年は安定勢力となりそう。


5位クロフネ
勝ち馬頭数123
勝利数203
交流重賞3
勝ち馬率0.600
EI1.44

4年連続年間200勝突破した物量作戦に加え、ホワイトフーガが牝馬の交流重賞路線をぶっこ抜いて昨年より順位を上げた。
昨年名前を挙げたサイオン、サーモピレー、ユーリカは引退したが、ホワイトフーガの出現はそれを補って余りある。牝馬交流重賞を席巻すれば、3強に迫れるかも。


4位タイムパラドックス
勝ち馬頭数70
勝利数142
交流重賞0
勝ち馬率0.560
EI2.39

南関のマイル重賞5連勝と覚醒したソルテを筆頭にインフォーマー、タイムズアロー、ファルコンクロウといった南関勢の活躍が効いたタイムパラドックスが自己最高位。
ソルテがどんなローテを組むか読めないが、オウマタイムが暮れに復帰(3着)。南関勢の層の厚さという独自路線(?)で何処までやれるか。


3位キングカメハメハ
勝ち馬頭数116
勝利数271
交流重賞2
勝ち馬率0.604
EI1.75

前半戦は他の2強と激しい首位争いを演じたキンカメだが、大黒柱のホッコータルマエがJBCクラシックと東京大賞典で勝ち切れず、後半は突き放される一方。
タガノジンガロは大井に散り、サトノタイガーやグランドシチーは頭打ち。タルマエの援護射撃がソリタリーキングのみという状況では他の2強を相手するには分が悪そうだが。


2位ゴールドアリュール
勝ち馬頭数124
勝利数255
交流重賞2
勝ち馬率0.577
EI2.12

コパノリッキーが春を棒に降り、クリソライトはGⅠでは他馬の後塵を拝して勝ち切れず。首位争いを演じはしたが、キンカメと違って首位に立つ事は一度もなかった。
コパノリッキーは秋はマークが厳しくなると脆さを露呈し、クリソライトは骨折で戦線離脱。南関重賞2勝のララベルが交流重賞に顔を出してカバー出来れば良いが。


1位サウスヴィグラス
勝ち馬頭数146
勝利数353
交流重賞4
勝ち馬率0.589
EI2.09

3年連続年間300勝オーバーという圧倒的な物量作戦に加え、コーリンベリーとタイニーダンサーで自己最多となる交流重賞4勝。何度か詰められたはしたが、4月末から首位を守り切って2度目の地方リーディングに輝いた。
従来の物量作戦も凄まじいが、交流重賞以外の地方重賞も27勝と他の種牡馬を圧倒。重賞のみの賞金でもキンカメを上回り、1位ゴールドアリュールとは僅かの差の2位と質量を兼ね備えた。今の状態なら2連覇は十分あり得る。




入れ替わりがあれどサウスヴィグラス、ゴールドアリュール、キンカメの3強という構図は3年連続変わらないが、長距離砲の性能に陰りが見えたキンカメとゴールドアリュールに対し、サウスヴィグラスは圧倒的な速射砲に加えて長距離砲も手にして均衡は崩れつつある。

その一方でパイロが予想より早くトップ10にランクイン。出走頭数は少ないながらも、EIでは3強を上回った。もう3、4年経てばサウスヴィグラスと首位争いを演じてる可能性はあるだろう。

昨年初めに予想した通りランクインして来たシニスターミニスターに加え、ランク外ではカネヒキリ(27位)、ヴァーミリアン(39位)も着実に順位を上げて来た。
これら若い種牡馬に加えて交流重賞勝ちの破壊力を見せ付けたフレンチデピュティにディープスカイ、独自路線のタイムパラドックスが3強や従来の既成勢力相手に何処までやるか注目したい。

これで2015リーディングサイアーは全て終了。どうもありがとうございましたm(__)m


・・・しまった!金杯の予想するの忘れた(´・ω・`)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
79位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR