2015ロンジン香港国際競走、モーリスが香港マイルをエイシンヒカリが香港カップを制覇!!

ヴァーズに出走馬はいなかったものの、スプリントに3頭、マイルに3頭、カップに4頭と史上最多となる10頭が挑んだ香港国際競走。
スプリントの3頭は地元香港勢の牙城を崩せなかったものの、マイルではモーリスが香港最強マイラー・エイブルフレンドを撃破。更にカップではエイシンヒカリが絶妙な逃走劇で逃げ切り、2着にもヌーヴォレコルトが入って日本馬ワンツーというこれ以上ない結果となった。

スプリントは引退レースとなったストレイトガール、ミッキーアイル、サクラゴスペルの3頭が出走。昨年は3着に健闘し、日本でGⅠ2勝の実績を残したストレイトガールが4番人気の支持を集めたが、外枠に加えてスタートで行き脚が付かず後方集団の外目を回らされて9着。正攻法で競馬が出来ればもう少し良い勝負になったと思うが・・・北海道シリーズで力を付けてからは2、3のレースを除いて安定した成績を残して来た。お疲れ様m(__)m

日本勢で最も内だったとはいえ、10番ゲートだった事もあってハナを切ろうという作戦だったミッキーアイルだが、ロケットスタートを決めた勝ち馬にハナを叩かれて2番手からの競馬。ここで例の如く折り合いを欠き、直線半ばから踏ん張り切れず7着。それは兎も角、来年以降は逃げるか溜めるか難しい選択を迫られてる気がする。

サクラゴスペルはこれも外枠スタートが祟る形となって道中は最後方。直線も前との差を詰める事が出来ずに12着。内枠から器用に立ち回って2着に健闘したスプリンターズSの余勢を駆って挑んだが、流石にそう甘くはなかったようだ。

勝ったのは昨年のこのレースの2着馬で今年はアルクォーツスプリントでも2着、前哨戦でも2着と有力候補だったペニアフォビア。大外枠だったが、ロケットスタートから一気にハナを奪ってそのまま逃げ切った。2着はマイル路線から転身し、その前哨戦で勝ち馬を破ったゴールドファン。3着も前哨戦3着馬ノットリスニントゥミーで香港勢が上位独占。エアロヴェロシティが離脱しても、地元香港勢のスプリント路線の層が厚いところを見せつける結果となった。


いきなりの惨敗で9頭出しも香港勢の牙城を崩せなかった昨年を思い出す嫌な流れとなったが、続くマイルでは日本の最強マイラー・モーリスが香港最強マイラー・エイブルフレンドを破る大仕事をやってのけた。
スタートは互角に出て道中は中団7番手の外目。4コーナーまで動かずに脚を溜め、直線馬群の外目から残り2Fからゴーサイン。一旦はその外から末脚を伸ばして来たエイブルフレンドに交わされかけたが、残り150m付近で前に出ると内で粘る2着馬も交わして先頭でゴール。
香港での調整は軽めに終始し、状態面で疑問視する見方もあったが、全くの杞憂だったようだ。レーティングでも世界でトップ3に入るエイブルフレンドを撃破した事で来年以降のローテが注目されるであろう。今後は馬券で無闇に逆らうのはやめた方が良いなw
ただ、鞍上のムーアは前半でエイブルフレンドの前をカットして事で騎乗停止の処分を食らい、今年はJRAでの騎乗が不可能となった。

2着ジャイアントトレジャーは最内枠という利点を活かして好位のインで脚を溜め、直線も内から先行馬の間を割ってあやわのシーンを作った。3着エイブルフレンドは序盤でモーリスに前をカットされて位置取りが後手に回ったのも影響したと言えるが、直線で外へ持ち出してからの伸びも案外だった。モレイラは外へ出しても差し切れるという判断だったのだろうが、前哨戦でも負けてたし本調子になかったのかもしれない。

マイルCSをパスして挑んだダノンプラチナはスタートで出遅れ、直線でも何度か前が詰まってスムーズに捌く事が出来ずに7着。厳しい競馬を強いられたが、それでも5着争いに加わっており、スムーズだったら勝ち負けに加われただろう。これも来年以降が楽しみな存在。

フィエロもスタートはあまり良くなかったが、こちらは内枠だったのもあって中団後方でロスのない競馬。しかし、直線では前を割る事が出来ずに脚を余す形の9着。この辺りの運のなさは香港でも変わらず。


そして、メインのカップはエイシンヒカリが人気薄の恩恵もあったが、絶妙なラップを刻んでブレイジングスピード、ミリタリーアタック、デザインズオンローム、ダンエクセルといった地元香港勢の強豪を翻弄して逃げ切った。
不利と思われた外枠からスッと出て、かつ無理する事なく先頭を取り切り、最初の2Fこそ26秒台で入ったが、そこからは推定1F11秒台後半の機械的なまでに正確なラップを刻み続け、最後は内から脚を伸ばした2着馬の追撃を余裕を持って抑え切った。
天皇賞の惨敗と不利とされる外枠で全く人気はなかったが、もう一回やれと言われても出来ないような完璧な逃走劇。自分の型に持ち込みさえすればやはり強い。マークが緩かったのもあるが、武豊としては会心のレースであっただろう。

2着ヌーヴォレコルトは最初から脚を溜めて末脚を活かす作戦で道中は中団のインを追走。直線も最内に入って脚を伸ばし、1番人気のブレイジングスピードは競り落としたが、勝ち馬には1馬身届かずの2着。テン乗りであったが、どこからでも動ける器用さはムーアでも変わらず。しかしまぁ、ヴァーズのフリントシャーも貫録と言える2着だったが、この馬の2着病もなかなかw

春はクイーンエリザベス2世Cで2着に健闘したステファノスだが、外枠に祟られて内に入れずに外を回らされて10着。スタートから出して行って好位に付けて内に入れたかったようだが、上手く行かなかった時点で勝負あった。サトノアラジンは外枠に加えてスタートの出遅れで全く流れに乗れないままの11着だった。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR