チャレンジC回顧

PO馬という縁から気に掛けて来たワールドエースだが、最後の最後まで此方の期待に反して何かが噛み合わないまま競走生活を終えてしまった。この馬についてはレース回顧を中心に色々と言及して来たが、改めて書く機会を作って書こうと思う。今はこのレースのみ振り返る。

プラス12キロが影響したか、秋2戦に比べて二の脚が付かず中団後方からの競馬。3~4コーナーではかなり手綱をしごいて追っ付けても反応が悪いまま。直線も前に3着馬、内に2着馬、外にデウスウルトがいて捌くのに手間取り、最後は逆手前に替わって伸び切れず。
ボウマンの騎乗もかなりお粗末だったが、馬自身も何か集中力を欠いたような走り。直線で横にいた2着馬に追い比べで切れ負けしたのは切なかった。

フルーキーはスタートしてすぐに中団後方に下げ、徐々に内へ内へと潜り込んで脚を溜める競馬。そのまま内ラチ沿いギリギリを通って直線に向き、狭いスペースを溜めに溜めた瞬発力を駆使してこじ開けて先頭に立ち、外の2着馬以下の追撃を完封。
OP入りして以降、常に上位人気に支持されながらあと一押しが足りなかったが、今回は岩田のお株を奪うようなデムーロのイン強襲でカバーして待望の重賞初制覇。強引だったのは否めないが、乗りこなせてなかった浜中、岩田、ウチパクの消化不良騎乗に比べればマシ。

2着ヒストリカルはスタートのタイミングが合わずに後方4、5番手で末脚に賭ける競馬。4コーナーで徐々に外へ進路を取り、馬群を縫うようにして脚を伸ばし、前が開いた坂上から一気に伸びて2着争いを制した。
勝ち馬とは内外のコース取りの差が出たが、減った馬体も戻して脚を溜める競馬に徹すれば得意条件のここでは崩れない。カンパニーの半弟で年齢を重ねても成長が見込める血統。条件が噛み合えば重賞でチャンスは来るだろう。

3着シベリアンスパーブは道中は中団の一角を追走。4コーナーで早めに外へ持ち出し、直線でもしっかりと末脚を伸ばして2着馬に寄られながらも最後まで見せ場ある競馬。手頃なハンデと出来の良さで健闘。この時期は走る傾向なのかも。

人気薄でもう1頭健闘したのがスピリッツミノル。逃げる競馬で頭打ちとなってたので今回は控えて末脚勝負の脚質転換を図り、勝ち負けには加われなかったものの、上がりでは1、2着馬に次いだ。これはどこかで波乱を演出するかもしれない。

レッドアリオンやケイティープライドは前半で上手く折り合うことが出来ず、直線は末を無くして失速。シャトーブランシュは良馬場とはいえ、雨の影響が残った馬場に脚を取られて最初から空気だった。


馬券の方は押さえの馬連が当たって取りあえずはプラス収支。本当なら、ワールドエースが絡んで大団円を期待したが、そう上手く行かないのが競馬とつくづく(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR