京都2歳S回顧

POGをやっていると、リストアップしながらPO馬に選らばなかった馬が結構な活躍をする事が往々にしてある。俺の場合、その最たる例が3冠馬オルフェーヴルであり、昨年度の2冠馬ドゥラメンテもそのパターンだったりする。因みに期間後に頭角を現したリアファルもしっかりリストアップしながらPO馬に選んでない。
もうこの前フリでお分かりかと思うが、このレースの勝ち馬ドレッドノータスもリストアップしながら、結局はPO馬に選ばなかったクチである。新馬勝ちしながら、その後順調さを欠いた全兄サンマルティン、後に活躍したが期間内は故障で大半を棒に振った半姉ディアデラマドレをPO馬に選んだ失敗例(あくまでPOGの枠組み内)が脳内にあって「古馬以降は兎も角、期間内はどうだろう」と選ばなかったのだが・・・自分の見る目のなさがつくづく嫌になる(´・ω・`)

折り合いの難しさを露呈していたデビュー戦から様子見で切ったわけだが、今回もサッと番手に付けたはいいが、前半から掛かり気味の追走。しかし、4コーナーでの手応えは持ったまま。直線では逃げ込みを図った2着馬にジリジリと追い縋り、ゴール寸前で差し切った。
母や姉は後方に控えて直線での爆発力に繋げるよう気性面をコントロールされたが、この馬はゲートの出が速くてそれが出来ない。にも拘らず掛かり気味の追走でも勝ち切ってしまう辺り、荒削りながら能力は相当なもの。もう少し気性面をコントロール出来れば更に上を目指せるが。

2着リスペクトアースは最内枠から好スタートを切って注文通りハナへ。1~2コーナーのコーナリングは速く入ったが、中盤の3Fで13秒台を連発するスローペースに落としての楽逃げ。3~4コーナーからペースアップして逃げ込みを図ったが、ゴール寸前で捕まえられた。
大型馬だけに、京都の内回り最内がどうかと思って切ったのだが、大型馬らしからぬ器用な立ち回りとスタートの速さで難なくクリアされてはお手上げ。今後は2番手集団につつかれた場合に凌ぎ切れるかが課題になる。

3着アドマイヤエイカンはスタートからすぐに控えて好位集団から離れた中団待機策。3コーナー過ぎから早めに動き、4コーナーでは先団グループにまで取り付いたが、楽なペースで余力を残していた1、2着馬との差を詰め切れず、最後は脚が上がってしまった。
テンのペースが遅くなるという読みで控えた様だが、最初の3F確かにある程度流れたが、中盤が極端に緩んで結果としてスロー前残りの流れに泣かされたクチ。負けて強しの競馬だけにペースの読み違えが勿体なかった。

ジョルジュサンクは飛び上がるようにゲートを出てしまい、先行出来ずに後方2、3番手から。勝負所から先に動いた3着馬を追うようにして位置取りを上げ、最後まで末脚を伸ばして最後は3着馬にクビ差まで詰め寄った。位置取りの差が出た形だが、格上相手にも怯まない乱戦向きのしぶとさがある。

ケルフロイデはスタートも決まって内目の3番手で折り合いもスムーズだったが、余力を残してた1、2着馬に対してこちらは勝負所から追っ付け気味。直線もスパッと抜け出す脚がなくての流れ込み。内で包まれる競馬が合わなかったようだが、現時点では力負けだろう。

ロライマはスタートで躓いて大きく出遅れ。道中も内外から包まれて動くに動けず、やっと動けた勝負所でも外を回らされて直線半ばで脚が上がった。今回は参考外だろう。キャノンストームは単純に能力が足りてなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR