京都大賞典回顧

軸としたサウンズオブアースが2着、粘り込むも最後は切れ負けするとみたカレンミロティックが3着、京都での上がり勝負は向かないと軽視したワンアンドオンリー不発までは読み切れたが、ラブリーデイが2400mをこなすまでは読めず。

距離を意識してか、前半はそれ程前を主張せずに好位4、5番手で脚を溜める競馬。中盤にペースは緩んだが、スムーズに折り合って流れに乗り、直線は狭いスペースを割って脚を伸ばして追い比べにケリを付けた。
2400mを克服したのもそうだが、スロー瞬発力勝負で最速となる32.3という脚を使えたのも驚き。こうした上がり勝負では一枚落ちると思っていただけに、またもう一段強くなってる印象。天皇賞は脆さがチラつくエイシンヒカリより遥かに信頼できそう。

2着サウンズオブアースは自然な形で好位4、5番手からの競馬。折り合いもスムーズで坂の下りを利してジワジワとスパート。追い比べで一旦は交わしかけたが、残り1Fで離されて4度目の重賞2着。
オーバーホールが功を奏し、体にもう一本芯が入った感じで出して行かずとも好位に付けれたし、内外の差があったとはいえ、乗り方としては完璧に近かったと思う。今後も中長距離戦線で目が離せない存在になるだろう。

3着カレンミロティックはニューダイナスティを先に行かせての番手と大方の予想通りの位置取り。4コーナー手前で先頭に並び掛け、直線の追い比べでも1、2着馬に食い下がったが、残り150m程で競り落とされた。
坂の下りでメイショウカンパクが捲って来た誤算があってやや早めに動かざるを得なかったが、これだけ速くなった上がり勝負にもしっかりと対応出来てた。中京での実績から左回りは問題ないし、天皇賞でも注意が必要かも。

ラキシスはソロッと出して後方のインに入って前に馬を置いて折り合おうとしたが、道中は力んだ走りで折り合いに一苦労。直線に向くまで追い出しを我慢して内を狙ったがピリッとした脚は使えずじまい。
敗因を挙げるなら16キロ減と予想以上に減った馬体重か。数字的には昨年の体重に戻したが、道中の力み具合からイレ込みがキツくて減りすぎたと捉えるべきか。

フーラブライドはスタートが決まり、ジワッと出して3番手からの競馬。上がり勝負となって直線は切れ負けしたが、内外から1、2着馬に交わされても怯まずに最後までしっかり脚を伸ばした。買わなかったが、やはりこの条件は合う。久々にこの馬らしいしぶとさが見られた。

ワンアンドオンリーは中団から当面の相手である1、2着馬を見ながらの競馬だったが、ペースが上がった4コーナーで付いて行けなくなり、直線も追い付けずじまい。やはりというか、軽い馬場での上がり勝負に対応出来ない弱点を露呈。

レコンダイトは予想通りというか出遅れて後方からの競馬。元々後方から行く馬なのでこれは想定内だったが、直線もこれといった見せ場はなかった。あわよくばという淡い期待はあったが、このメンバーでは通用する力はなかったようだ。


印としては△→◎→▲で通常なら的中だが、3連単フォーメーションでこの目は買っておらず。上限を守った故に買えなかったとも言えるが、買い方(例えばカレンの3着固定3連単とか)を工夫すれば取れたレースだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR