七夕賞回顧

非根幹距離では強いが、根幹距離では詰めが甘くなると評してたグランデッツァに横綱相撲をされてはどうしようもない。時計勝負になったのもこの馬には幸いだったが、ただただお手上げである。

スタートからスッと前に取り付いて道中は好位5番手。3~4コーナーからジワッと進出して直線入り口では2番手。残り1Fで逃げたトウケイヘイローを交わして先頭に立つと、余裕を持って後続の追撃を完封。
屈腱炎明けから京都に実績が集中してたので、2~3歳時の札幌や中山での実績から小回り適性があることをすっかり見落としてた。これで鞍上の川田は全場重賞制覇にリーチ。函館記念のデウスウルトで一発ツモとなるか。

2着ステラウインドは出たなりの競馬で道中は中団グループの外目を追走。前に馬を置いて折り合いを付け、3~4コーナーで内からレコンダイトを張り出して外のスペースを確保し、直線も良い脚で追い込んだが、勝ち馬には届かず。
久々の中距離戦であったが、道中も置かれる事なく対応出来ていた。見立て通り、これくらいの距離がベストと言える。しかし、今年の蛯名は未だ重賞未勝利。そろそろ勝たないと、23年継続中の重賞勝利の記録が止まる公算が広がってくる。

3着マデイラはスタートから促して前を取りに行って内ラチ沿いに潜り込んでの4番手の好位。そのまま経済コースを立ち回り、直線入り口でトウケイヘイローとメイショウナルトの間を割ってしぶとく脚を伸ばした。
距離損のないコース取りと52キロの軽ハンデが功を奏したを言えるが・・・OP入りして全く良いところがなかったこの最低人気の馬はどう頑張っても拾えない。

メイショウナルトは外のトウケイヘイローの出足が速かった事もあって無理に競り掛けず2番手からの競馬。ペースが上がったところでスッと反応出来ず、内外から交わされた時点で終了かと思ったが、直線でしぶとく盛り返した。
もう少し早い段階で動いて行ければ良かったのだが、やはり夏場はこの馬に合ってる。同型馬との兼ね合いには注意したいが、スンナリ先手を取れるようなら更に前進があっても。

アルフレードは小回りで後方一気は厳しいと判断したか、スタートから意識的に出して行って、道中は2着馬よりも前の位置取り。ただ、コーナリングでモタついて脚を十分に溜め切れず、掲示板確保が精一杯。出来は良かったのだが、小回りコースの経験不足が響いた。広いコースで改めて。

トウケイヘイローは自身の出足の速さでメイショウナルトとの先行争いを制すると中盤にペースを緩めてマイペースの逃げ。全盛期なら逃げ切れたかもだが、勝負所から勝ち馬の突き上げを受けて残り1Fで力尽きた。前走よりは良くなっているので相手次第で復活があっても。

マイネルディーンはマイナス14キロで少し細く見えたし、中盤にペースが緩んで上りが速くなってしまうと消耗戦に強いこの馬にとっては厳しい。福島記念で見直せるなら見直したいが。

フラアンジェリコはスタートで二の脚が付かず後方に置かれたのも誤算だったが、勝負所でもスッと反応出来ずにこれといって見せ場のない内容。福島記念2着から穴人気してたが、休み明けで即通用とは行かなかった。

レコンダイトはスタートで出遅れて流れに乗れず。向こう正面から捲り気味に位置取りを押し上げたが、終始外を回らされ他のに加えて3コーナーから一気にペースアップして息を入れられなかった事で余力がなくなってしまった。アルフレードと同様に広いコースで見直したい。


ステラウインドから中穴狙いに走ったまでは良かったが、勝ち馬と3着馬の激走が誤算。これだったら複勝一本で行くのが正解だったなぁ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR