37年ぶりのアメリカ三冠馬誕生。エスメラルディーナ、韓国遠征で快勝

アメリカンファラオが1978年のアファームド以来、37年ぶりとなるアメリカ3冠馬に輝いた。後述する理由で久々にリアルタイムでベルモントSを見たわけだが・・・逃げて突き放す文句のない圧勝で朝っぱらから良いもん見させてもらったわw

アファームド以降、昨年のカリフォルニアクロームまで13頭のケンタッキーダービー・プリークネスSを制した2冠馬が誕生しては最後の1冠で涙を飲んできた。1997~99年はシルバーチャーム、リアルクワイエット、カリズマティックと3年連続で二冠馬が誕生したが、リアルクワイエットは早仕掛けが祟ってヴィクトリーギャロップにハナ差交わされ、カリズマティックは競走生命を断たれる重傷を負って3冠を逃した時に「当分、アメリカの3冠馬は出ないかもなぁ」と過度な期待はしなくなった。
久々に興味が出たのは2008年のビッグブラウンだった。尤も、この年はベルモントS3兄姉制覇を狙って日本からカジノドライヴが遠征して来た事で「三冠か、3兄姉制覇か」という盛り上がりだったが、カジノドライヴはレース当日に出走取消。ビッグブラウンは勝負所で早々と手応えが怪しくなって断トツの最下位入線(記録では競走中止扱い)とガッカリ感が半端ない結末。これでまた興味が薄れてしまい、3年前のアイルハヴアナザーや昨年のカリフォルニアクロームには殆ど興味を示さなかった。

今回はAmerican Pharaohと表記しなくてはならないところをPharoahとスペルを間違えて登録してしまうという「何処のダイユウサクだよw」的なネタ話も然る事ながら、エンパイアメーカーがアメリカで残した後継種牡馬パイオニアオブザナイル産駒だと気付いてから、それとなく注目するようになった。
エンパイアメーカーに関しては、持ち込み馬のフェデラリストやイジゲンの活躍もあって当ブログのリーディングサイアーで注目してた種牡馬だったが、残念ながら期待に応えてるとは言い難い(今年のPOGではダンスインザムードとの牝馬カイザーバルを指名してるけど)。
今からでも遅くはないから、アメリカの生産界は本気でこの馬を買い戻した方が良いのではないかと思う。


JRA所属馬として初の韓国競馬遠征となったエスメラルディーナは韓国のGⅢトゥクソム杯を3馬身差の快勝。二の脚を利かせて道中は2番手集団のインを追走し、直線で逃げ馬を交わすと後続の追撃を寄せ付けず。

近走の成績は決して芳しいと言えなかったのでどうなるかと思ったが、パート1国としての格の違いを見せる結果となって良かったと思う。以前、この馬の遠征について触れた通り、1着賞金は日本のOP特別クラスとそこらの欧州重賞よりは全然お得な賞金と言える。
これまでダート路線の海外遠征はドバイかBCの二択くらいしかなかったわけだが、賞金的に交流重賞に出るのは難しい馬にしてみれば、韓国に遠征という選択肢も出て来たわけで、今後は条件さえ合えば第二、第三のエスメラルディーナが出て来ても不思議ではないと思う。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします

にほんブログ村
いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR